So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
Visit my YouTube: https://www.youtube.com/user/NickEcrivain

日本にとって「中国が最大の脅威」なのは明白 [国防]

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e3%83%9f%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%ab%e9%98%b2%e8%a1%9b%e3%80%8c%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%81%8c%e4%bb%ae%e6%83%b3%e6%95%b5%e3%80%8d%e3%81%a8%e6%98%8e%e8%a8%80%e3%81%97%e3%81%aa%e3%81%84%e6%97%a5%e6%9c%ac%e6%94%bf%e5%ba%9c/ar-AAzg7mJ?ocid=oa-cinqueter014#page=2

不思議だね確かに。

でも、世の中の本質に着目している人ならば、あえて説明しなくても
国境という概念を持たない中国が侵略国家であり
最大の脅威だと認識しているはず。

そうした脅威には、備える必要あり。

トランプの米国の存在戦力の抑制方針があるならば
日本は更に「自力」で「国防策の強化」を図る必要は明白。

当てにならない米国をあてにして、肩透かしをもろに食らうよりも、
自国の力で自国の安全を確保できるように体制を整える必要がある。

其の為には、まずは「憲法改正」だろう。

そんな、日本を真面に守れない腑抜け憲法ならば、
憲法の名に値しない。

あれは、米国がその責任として、米国が日本を守るという前提のもの。
その日本防衛が出来なくなるのなら、自国の力でやるしかない。

頭の中が機能していない日本国民を「現実に覚醒させる」のが一番の問題。

どうすれば我が国が自国民の覚醒を実現できるのか、
そうした人々は、自分の努力で持って、現実を直視しようともしないし、
ましてや、自分で勉強することも無いから、自力では覚醒出来ない。
一度それが正しいと信じ込まされたら、そこから抜け出す事は不能。

GHQなどの(洗脳工作の)やり方も大いに参考にして真剣に考える必要がある。
分からなかったら分かるまで、繰り返し繰り返し、何が事実で現実なのか、
しつこい程、執拗に頭にすり込ませる必要がある。

国民が認識することなく、国の存続の為に何もしなければ、
その国は間違いなく消滅する。


nice!(0)  コメント(0) 

この記事の意見、賛成だな~ [国防]

https://www.msn.com/ja-jp/news/world/「正恩氏、核放棄しない」%ef%bc%9d米朝合意は大枠だけ%ef%bc%8d韓国元統一相/ar-AAypY7Q?ocid=spartanntp#page=2

私は、この記事の筆者の事は何も知らないけど、
この記事の中で述べられている、彼の予測の主旨には賛成だ。

金正恩が突然豹変して、今まで他の事を全て投げうってでも
力を入れてきた、核開発の道をすっかり諦めるなんて
そんな事はあり得ないと思う。

世界が望むように、彼が核を放棄してしまえば、
その先の展開がどうなるのか、
非常に読みにくい。

トランプは仮に北朝鮮が核を廃止した場合
北朝鮮の復興の為に、
日本に金を出さそうと考えているようだが
仮にそんな方向に事態が展開したとしても、
出す出さないの判断は、当然日本の独自のものであるべきで、
トランプによって日本が影響されるべきものではない。

外交の世界では各国は自国の利益のみを追求するもの。
日本は日本独自の国益(国の安全と国民の安寧)のみの追及に汗をかけばいい。
一番の理想は、中国リスクと日本の今後の国防を考えれば、日本の核武装だろう。

北に核が温存され、日本が核武装しない場合が、最悪の結果になるだろう。
日本に対する脅威は北朝鮮だけではない、
一番の脅威は、核を断念する事のあり得ない、何をするか分からない中国だ。
その内、同盟下の米国による庇護はその効力を持たなくなる時が来る。
日本は、現実を冷静に直視する事から始めなければならない。










nice!(0)  コメント(0) 

日本のリスクを認識する日本人、でも。。。 [国防]

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/「戦争の危険ある」最多%ef%bc%98%ef%bc%95percent%ef%bc%9d北朝鮮の核・ミサイル影響か%ef%bc%8d内閣府調査/ar-BBK4MKG?ocid=spartandhp


この記事を見る限り、日本人の多くは、
日本に降りかかり得る国防に関するリスクを
間違いなく「認識している」ものと推測される。

でも、それぞれは、国民の一人としては、何をすればいいのか、
思いを行動に移す所まで行かない。

それが日本人の特徴だと思う。

何かがあれば、おびただしい数の国民が
声を上げるお隣の国民とは大違いだ。

日本を取り巻く環境はリスクがいっぱいだ。
中国は間違いなく日本に侵略しようとしている。
尖閣諸島にはその意図が明らかに表れている。
沖縄もその次辺りに狙われる。
北朝鮮の風船坊やもその種のリスクの一つ。

彼が本当にその文字通りに核の廃棄やICBMの廃棄をやるはずがない。

今までに何度も裏切られてきた歴史が歴然としてある。
今は北にかけられてきた圧力が少しは効果を出してきているのだろう。
でも、だまされてはいけない。

我が国が、自国の自前の力で、国防を可能にする事の必要性は
多くの知識人が随分前から指摘している。

それを可能にする為には、ありもしない前提を前提とする
戦後押し付けられた今の憲法と呼ばれるものを、
まともなものにする必要があるが、
その作業が遅々として進まないのは、
GHQによる洗脳された日本人の多くの数の頭が
戦後70年も経った今でもそのままだからだ。

米国との同盟関係は否定しないが、
日本が他国から攻撃を受けた場合に、「日本自体が何もせず」とも、
米国が全面的に日本に代わって戦ってくれると思っているとしたら、
そんな事は「ありえない」と言える。

「自国の防衛は自国でやる」と言うのがどこの国でも当たり前の事。
日本だけがその当たり前の認識から例外的扱いされるとでも思っているなら、
それは「単なる妄想」で「ありえない」ことだ。

専守防衛という訳の分からない妄想では、国を守れない。

国を守る為には「攻撃」できる軍事的能力と「攻撃を可能にする」法的根拠が必要だ。
今の憲法の規定では、敵国から攻撃を受けてからでないと「反撃」できないが、
一旦攻撃を受けた「後」からでは、完全なる「反撃」などできない。
つまり、現憲法下では、国を守れない。

相手からの攻撃を「思いとどませる」国防能力が必要で、
それを可能にする「憲法」が必要なのは、言うまでもない。

日本を取り巻く国防のリスクを認識しているならば、
それではどうすれば日本を「現実的に守れるのか」を考え、
いち早く「憲法改正」をやるために、
「国民の総体的レベル」で、日本国民すべてが動くべきだと思う。

この問題は他人事ではない。 日本国民一人一人の緊急を要する大問題だ。























nice!(0)  コメント(0) 

脅威への対処能力が日本にあると言えるのか? [国防]

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26065840U8A120C1000000/?n_cid=NMAIL007

いずこの国も国防問題は懸念の種。

英国の陸軍参謀総長も
「敵に出遅れれば先制攻撃能力や
脅威への対処能力が失われる」と言っている。

然り!

我が国にも同じ理屈が当てはまる。

なのに、今のFAKE憲法下では、
脅威への対処能力を持てない。

やっと、自衛隊が軍隊として認められる段階になるかならないか
そんな訳の分からない境地を彷徨っている状態だから。

実質的に、真面な国防機能があるとは言えない様だが
未だに多くの日本人は、自国による国防機能付与に躊躇している。

自国で自国を守れなくて、誰が守ってくれる?
日本が独自に国防努力をせずに、米国が血を流してくれるとでも?

そんなばかな! あり得ない!

自国の力で自国を守れないのは、独立国ではない。
それは、どこかよその国の属国でしかない。

もういい加減に、アメリカのポチはやめよう!!












nice!(0)  コメント(0) 

不思議な国「日本」 [国防]

http://www.sankei.com/west/news/171227/wst1712270020-n1.html

この厳しい現実を、
より多くの日本人の皆さんに読んでもらいたい!

そうした差し迫る危機下に身を置いているにも関わらず、
何故、危機感も持たずに平然としておれるのか?

何故、「平和憲法」などと、見当違いな間抜けな事を言っておれるのか?

私にはとても不思議な感じがする。

有りもしない空想の世界に逃避して、思考停止しているとしか考えられない。

日本に届くミサイルが600~700発もあると言うのが正しいとすれば、
それをどうやって「すべて」確実に間違いなく撃ち落とせるというのだろうか?

発射されれば10分以内という超短時間内に日本にミサイルが届くという状況では、
到底「撃ち落とせない」という考えに軍配が上がると考える方が自然だ。

発射された「後」では、反撃など出来ないだろう。
発射されれば、もう「おしまい」だろう。
なのに「専守防衛」などと、不可能な事を後生大事にして
現実の事実に目を向けようとはしない。

愚かとしか言えない。

私は、そんな虚構の上にあぐらをかいて
我が国の安全を脅かす事に積極的な日本国民に
幻想状態から覚醒し、正気に戻って欲しいと願う。














nice!(0)  コメント(0) 

何でこれが分からないのか、理解不能 [国防]

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e5%8c%97%e6%9c%9d%e9%ae%ae%e5%95%8f%e9%a1%8c%e3%81%b8%e3%81%ae%e5%af%be%e5%87%a6%e3%81%ab%e6%8a%9c%e3%81%8b%e3%82%8a%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%8b/ar-BBHnU4e?ocid=oa-cinqueter014#page=2

「国家の安全や国民の生命が脅かされたとき、
憲法が対処できないようにしているというのは
どう見ても不条理である」と書かれている。

まったくその通りだ。
だから、憲法の改正が不可欠である。

にもかかわらず、多くの日本人は「平和」を堪能する一方で、
戦争や危機について「考えない」「準備しない」ことが
あたかも「平和」につながると思い込んできた、
と非難されても、その通りなのだから、反論の余地はない。

まったくあり得ないとぼけた話だ。

どこまで抜けているのか、アホなのか、
信じられない事だ、という事だけで、済まされない。

なんでそんなにとろいのか?
「今すぐ」にやってもすでに遅いのに。
















nice!(0)  コメント(0) 

日本の自主防衛は当然のこと [国防]

https://newsphere.jp/world-report/20171205-3/

この記事は今ではもう当たり前の事を
「おさらい」しているにしか過ぎないが、
その当たり前が日本ではまだまだ当たり前でない。
そんな現状に日本の問題がある。

「米識者の間で、日本に自主防衛を<求める>声が高まっているようだ」
との事に、さもありなん。

だがしかし「日本に自主防衛<させる>とき」との表現は、聞き捨てならない。
米国主導で日本がやるべきものではない。 日本が独自の判断でやるものだ。

{早期に憲法改正をして自衛隊を世界基準の「軍隊」に再構成すること}は
何度も繰り返し主張されてきていること。

「自国の力で自国を防衛する」と言うのは当たり前のこと。
なのに憲法の改正さえも、遅々として進まぬのは、
日本人が事の重要性を理解していないからだ。

未だに「何もせずとも」日本は平和でおれるものと「勘違い」している。

日本を取り巻くリスクを理解しようとはしないし、
自国では何もせずとも、アメリカが自動的に
勝手に守ってくれるものと幻想を抱いているだけ。

そんな話は「あり得ない」!という事が何故理解不能なのか、
まったく理解できない。

日本の平和と国民の安寧を確保する為には、
「即」憲法全面改正。 「即」自国の力で国防が出来る体制を整える。
「核武装」の実現も、その現実的な選択肢に入る。

自主的に自国防衛が出来た上で、米国との同盟で、
世界平和に資すると言うのがあるべき姿。



















nice!(0)  コメント(0) 

北には言いたい様に、言わせておけ!  [国防]

https://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e5%8c%97%e3%83%bb%e5%a4%96%e5%8b%99%e7%9c%81%e5%b9%b9%e9%83%a8%e3%80%8c%e3%83%9f%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%81%af%e6%ad%a3%e5%b8%b8%e3%81%aa%e9%81%8e%e7%a8%8b%e3%80%8d/ar-AArXw9Z?ocid=oa-cinqueter014#page=2

北には言いたい様に、言わせておけ! 

我が国の安全確保の為に、
日本がすべき事は、速やかにやればいい。 

北が日本に対して攻撃する素振りを見せれば、
それが実行される前に
日本が北を叩けるようにはすべきだ。

日本は現実を直視して行動すべきで、
いつまでも昼行燈している場合ではない。 

政治家は国防に責任を持ち、
合理的で納得のいく政策には、
国民は協力すべきだ。

自国の防衛行為を妨げるような
おかしな憲法の条項は
すぐにでも改正すべきだ。

あれらは戦後GHQの方針により
日本が二度と米国に刃向わないように
日本を骨抜きにする為に作られたもの。
そんなものを「平和憲法」だと
有難がっているのは
誤解も甚だしい。













nice!(1)  コメント(0) 

国民は平和を妄想する夢から覚醒すべきだ! [国防]

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFK29H0X_Z20C17A8000000/?n_cid=NMAIL001

何度同じセリフを繰り返しても、北朝鮮の行為を止められない。

言葉だけで「断固たる対応」と言っても、効果は全くない。

日本の上空を日本の許可なく飛ばすなんて、日本は完全になめられている。
日本が手出しをしないことがバレバレだから、勝手な事をするのだろう。

そんな行為を止めるには、
核保有をしてホントに睨みを利かせるしかないだろう。

其の為にはまず国民が平和妄想の夢から覚めるべきだ。

自前の力で自国防衛も出来ない日本。
米国の核の傘の庇護のもとにある属国日本。
そんな半人前の非独立国から、そろそろ独立すべきだ。

敗戦後72年も経っているのだから、
もうそろそろGHQによる洗脳から目覚めるべきだ。














nice!(0)  コメント(0) 

外交交渉を成功させる為には、国力は必須条件 [国防]

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM07HAH_X00C17A8EA2000/?n_cid=NMAIL001

やはり外交は国として実力を持たないと埒が明かない。

日本の外交が上手く行かないのは、
日本はいまだ実質的に独立国でもない国だから。

子供の能力で大人と対等に渡り合える訳がない。

北方領土の返還の実現は、
日本が独立国家としての実力を身に付けないとダメ。

他国に国家の安全を頼る、力不足の背景では、いくら交渉しても、
返還などあり得ないのはこれまでの経緯が物語っている。

日本が本質的に変われば、世界も変わる。

この北朝鮮の例は、現実を如実に語っている。

早く日本が、自前で国防をやれる国になって欲しい。
そんなのは、何処の国でも当たり前の様にやっている。

政府は、国と国民の生命財産を守るのが仕事。
職務が真っ当に果たせてなんぼの世界。

政府は焦っていると想像するのだけど、
多数の国民には、危機感すらないのが現実。

国を有るべき好ましい姿に変革しようという国の努力に
水をさすのは非国民。 国民も協力する必要がある。

早く日本を真面な国に変えようよ! まずはいびつな憲法から。














nice!(0)  コメント(0)