So-net無料ブログ作成
Visit my YouTube: https://www.youtube.com/user/NickEcrivain

やっぱり! 合意には至らずでしたか。。。。 [blog]

http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e7%b1%b3%e6%9c%9d%e9%a6%96%e8%84%b3%e5%90%88%e6%84%8f%e8%87%b3%e3%82%89%e3%81%9a-%e3%83%9b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9%e7%99%ba%e8%a1%a8/ar-BBUbxC2?ocid=oa-cinqueter014

「合意見送り」と、ホワイトハウスが発表した様だ。

何も期待をしていなかったし、期待は出来ないと踏んでいたので、
「ああ~、やっぱり!」としか思わない。

米国の大統領には在任期間があるので、
トランプが在任中に「成果を上げたい」と思うのは無理もないが、
何せ相手は「独裁者」で、在任期間などほぼ無いに等しい相手だから、
そう簡単に、話が合意に至る訳がない。

合意に至る場合は、北朝鮮が「食い逃げ」出来る内容の場合だけ。

あのロッケト坊やが、自分の切り札になる「核」を手放す訳がない。
あり得ないことがトランプの狙いだろうだから、
その目標は、単に「幻想」にしか過ぎない。

期限は設けないとトランプは以前から言っている様だが、
これから先もず~と平行線が続く公算がかなり大だと予測出来る。

頭から否定して話をぶち壊す必要はないが、
期待は出来ないと想像するしかない。


nice!(1)  コメント(0) 

嬉しいNEWS! はやぶさ2の偉業に感激! [blog]

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41596950S9A220C1MM0000/?n_cid=BMSR2P001_201902220753

今日は「嬉しいNEWS」が速報で入って来た!

素晴らしい!
日本のはやぶさ2がなんとなんと「地球から約3億キロメートルも離れた小惑星」
「りゅうぐう」に午前7時29分着陸したと発表された。

素晴らしいではないか!!
悪いNEWSが一杯ある中で、このNEWSは久しぶりの吉報だ。

すばらしい結果を出されたJAXAの皆様のご活躍に拍手をお送り致します!!

nice!(0)  コメント(0) 

全ての核廃絶が当然の条件だ! [blog]

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41545220R20C19A2000000/?n_cid=NMAIL007

ビーガン特別代表の要求は当然の事だ!

<「将来の核」だけでなく、
現在保有している核物質、核兵器、弾道ミサイル、発射台、
他の大量破壊兵器を含めた廃棄を要求>は、当たり前の事!

既存の核の廃棄なしでは、まったく意味がない!

最初から怪しいな、ホントに金正恩が「核廃絶」をやるのかな、
と懐疑的であったが、
やはり騙そうとしているその魂胆が見え隠れする。

変に言葉で小細工して本質を曲げるな!と言いたい。

同時に、トランプには「相手に騙されるな」と言いたい。






nice!(1)  コメント(0) 

人生は長生きすると飽きてくるのかも。 [blog]

人生は長生きすると飽きてくる。

江戸時代の日本人の平均寿命は、確かな所は資料不足で不明みたいですが、
概して30代~せいぜい40代初めまでだったのかも知れません。

それに比べて、現代の日本人の平均寿命はググッと伸びて世界トップクラスの80代半ば~後半。
多くの日本人が100歳まで生きるのも、もう時間の問題の様な事が囁かれていますね~。

体が健康で、人の助けなしに自力で何でもこなせる健康寿命が延びるのであれば、
長生きはそれに越した事はありません。

長生きすればするほど、世の中の新しい事を見聞きし体験もできる機会があるからです。
私の祖母は明治の生まれで、戦後の昭和の時代にTVを見て長生き出来て良かったと
感想を漏らしていましたが、長生き出来れば、今開発中のリニアモーターカーに乗る生活も
実現するかも知れません。大陸間を普通に超音速の旅客機で行き来出来るかも知れません。

一般には、加齢が進むと共に、段々と物事に興味を持たなくなる傾向は否めません。
あんなに好きだった海外旅行も、極端な話、行き尽してしまうと、何かの特別な関心のある
テーマでもなければ、行き尽した段階で、興味が尽きてしまうかも知れません。

情熱的に物事に取り組んでいた若き日とは異なり、自分のなすべき義務もなくなり、仕事も辞め、
目標のない日々を送っていると、段々と自分の人生に飽きてくるのではないでしょうか? 

その様な段階に至れば、例え健康を維持していても、自分の世界から「欲望」というものが自然消滅し、
生きる意味も失い、もう何もしたくないという心境に至っても不思議はありません。

多分そういう意味で、仮に100歳まで長生き出来たとしても、長生きする理由を失ってしまいそうな
気がします。 だから、生きる為の新たな目的を模索する必要が発生します。


nice!(0)  コメント(0) 

国防は国の責務。国民が国の責務妨害をすべきではない。 [国防]

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e7%9c%8c%e6%b0%91%e6%8a%95%e7%a5%a8%e3%80%81%e8%be%ba%e9%87%8e%e5%8f%a4%e7%a7%bb%e8%a8%ad%e3%81%ab%e5%bd%b1%e9%9f%bf%e3%81%9b%e3%81%9a%ef%bc%9d%e8%8f%85%e6%b0%8f%e7%99%ba%e8%a8%80%e3%80%8c%e6%94%bf%e5%ba%9c%e3%81%ae%e6%96%b9%e9%87%9d%e3%80%8d%ef%bc%8d%e5%ae%89%e5%80%8d%e9%a6%96%e7%9b%b8%e3%83%bb%e8%a1%86%e9%99%a2%e4%ba%88%e7%ae%97%e5%a7%94/ar-BBTQa83?ocid=oa-cinqueter014

沖縄の人々が、基地に反対する気持ちは分からない訳ではない。
私が沖縄の住民なら、自分の利益だけを拡大して
反対を唱えていたかも知れない。

しかし、他方で、
国はその責任として国防をはからなければならない。
(今の日本の憲法で、我が国の国防が真面に出来るとは思えない。)

その具体的なやり方は、理に適うものでなければならない。

日本の危機管理の対象は、侵略国家の中国がその筆頭になる。
中国からの侵略を防ぐ為には、日本の国防基地は、沖縄を除いて他にない。

自国で国防をやるにしても、同盟国の米国がやるにしても、
またその両国が協同でやるにしても、地理的に本州では適正に欠ける。
本州から緊急発進をしていては、その長い距離故に、必要時に時間的に間に合わない。

だから、攻撃から最短地である沖縄に前線基地が必要となるのは誰の目にも明白。
それを、何を誤解したのか知らないけれど、あたかも沖縄県外が適地であるかの如く言った
もの知らずもいたが、まったく現実味のない検討外れの空論で意味がない。

国政をあずかる政府は、自国の国防を確かなものにする責務がある。
そうした国の責任執行に対して国民は妨害すべきものではない
沖縄から基地をなくすためには、実行不可能だけれど、
沖縄を他所に移動させなければならない。










nice!(0)  コメント(0) 

「キムリア」と言う名の白血病新薬 [blog]

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41479300Z10C19A2EE8000/

WOW ! 素晴らしい!

白血病新薬の「キムリア」という名前の薬に対し審査が実施される。

米国での値段は現段階では法外な値段の様だが、値段はその内下げられる。

白血病患者にとっては、垂涎の目を見張るNEWSだ!
この先、希望を持てる。

人命を救えるという事実が現実になっただけでも、とても素晴らしい!
nice!(0)  コメント(0) 

願望ではなく現実に基づいて [blog]

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41384320X10C19A2FF8000/?n_cid=NMAIL007

「我々は願望ではなく現実に基づいて世界(の出来事)を扱う」。
「ペンス氏は16日の演説で、相手国の善意に期待せず、
米国が行動を起こして外交問題の解決を目指す方針を強調した。」
との報道を読んだ。

その姿勢が我が国に欠けている。

我が国の憲法は、
ありもしない願望、ありもしない空想のもとに書かれている。
諸外国のありもしない「善意」を前提として、
あたかも、我が国の平和が維持できるかの如く書かれている。

それ、大いに間違っている!

その偉大なる「間違い」「勘違い」を是正すべきだと意見は
これまでに幾度となく繰り返して言われてきているが、
残念な事に、未だに多くの日本人には「理解されていない」のが現実だ。

その原因は、日本人がGHQによって刷り込まれた「洗脳」から
戦後70年以上も経っているのに、現実に「覚醒」していないからだろう。

愚かなるは「多くの日本人」と思わざるを得ない。

世界には「善意」の通じない「悪意」に満ち満ちた、
中国や朝鮮半島の国々が、現実に存在する。

その「現実」をなぜ理解しようとしないのか、
私には全く理解できない。

多分そうした「現実」を「理解できていない」人々が多いからなのかも知れない。
出ないと、その事実を説明できない。
いわゆる「平和ボケ」が蔓延している日本なのだ。

現実を理解し、平和ボケを卒業出来れば、
日本の今の「憲法」と言う名のものをすぐに「訂正」すべきだという事に気付く筈。

気付かなければ、日本の将来はないだろう。
世界の存在は力関係で成り立っている現実があり、
だれもそのルールを変更できないから。






nice!(0)  コメント(0) 

俺は認知症にはならない! [blog]


俺は認知症にはならない!

系統だった論理的裏付けはないが、自分でそう決めている。

一般に「無口で頑固」だと、ぼけやすいと言われている様だ。
内向的で非社交的人は、認知症になりやすいと言われる。

通常、友達等としゃべる場合以外は、私は寡黙な方だ。
だけど、友達とおしゃべりをする場合は、むしろおしゃべりになる。
饒舌ではないけれど、人の後ろからついていく様なことはない。

仕事を離れ退職したような人は、日々付き合う人々が限定されてくる。
でも、そこで何もしなければ、ますます世間は狭くなる。
結果的に、おしゃべりもだんだんしなくなる。

私は現役真っ最中でそんな懸念はないが、
意識的にできるだけ喋る様に心がけている。

自分の周りに大勢の人がいる場合は別だが、
そうでない場合、自分から積極的に、人の集まる所に出かけて、
誰かを捕まえておしゃべりをする必要があるが、
たぶんそんなこともままならない人も少なくないのではないだろうか。

自分の年齢に関係なく、自由にそうした努力を重ねているので、
人と話す機会がないということは全くない。

自分と同じ関心事を持つ人々の集まる場所は、そうした目的の為には最適だ。

私は現実にmeetupという団体に参加している。
いろんな人がいろんな集まりを企画しているので、
自分の好みや都合に合わせて、会うものに自由に参加できる。

私は主としてフランス人の集まるパーティや英語の好きな連中の会に顔を出している。

自分一人で行くので出席者はすべて知らない人だ。

自分と友達関係になれる人は確かに少ないが、
ただその場で会話の練習だと思って話すだけでも私には意味がある。

だから、時々あちこちの会に顔を出している。

意識して出来ることは何でもするという行動力は必要かなと思う。

早く認知症に見舞われるか否かは、自分の努力次第だと信じている。
それでも、認知症になったなら、その時は仕方ないだろうけど、
出来る努力はすべて実行したいと思っている。










nice!(0)  コメント(0)