So-net無料ブログ作成
Visit my YouTube: https://www.youtube.com/user/NickEcrivain

醸成つつある改憲ムード [日本を変えよう]

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47891420Y9A720C1PE8000/?n_cid=NMAIL007

メディアは、しばしば、読者を扇動したり、
偏向報道をするきらいがあるので、
報道の中身をそのまま受け取れない場合があるが、
どうも、この報道は信用できるのかも知れない。

憲法改正に反対するメディアは、概して
反対を唱える報道をしがちだが、
この日経の報道は信用できそう。

その内容が事実だとすれば、
日本人も徐々に日本の現実に関して、
理解が進みつつある様で、とても望ましい。

北朝鮮の訳の分からない脅威もさることながら、
中国は、脅威そのものだ。

仮に日米安保が無くなり、又はその威力が弱まり、
米国の軍事力による平和維持の裏付けが無くなれば、
尖閣や沖縄はすぐに中国による侵略を受けそうなのは明白。

なのに、今の現状では、日本は他国から攻撃をされた「後」でなければ
何も手出しを出来ない状況にあるのは、日本の間違った憲法の存在故だ。

自国の防衛を確かなものにする為には、
他国から侵略攻撃を受けないように、積極的な防御策が必要だ。
其の為には、他国が攻撃するのを「躊躇する様に」
我が国の防衛体制を整備するべきだ。

日本の防衛は「してはいけない事」だけを明記し、
それ以外は「してもいい」という風に変えるべきだ。

現状は「してもいい」事だけしか明記されておらず、
それ以外の事は「何も出来ない」状況だから
いざという場合に自衛隊が対応できない。
そういう状況は即刻改めるべきだろう。

いずれにしても、けったいな日本国憲法が
真面な「憲法と呼べる憲法に」
一日も早く改憲される事を強く望む。

米国の役割の低下傾向が鮮明な今は、
改憲のチャンスだと思う。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント