So-net無料ブログ作成
Visit my YouTube: https://www.youtube.com/user/NickEcrivain

宗教は人に迷惑を掛ける為にあらず。 [異文化故の誤解]

宗教と言うものは、私にとっては何の意味もないもの。

信仰の自由という権利が日本では認められているので
人が何を信仰しても、横から口を出すものではない。

でも、その自由というものは、無条件でその自由を保障されるものではない。

当然ながら、他人に迷惑をかけてもいいという事にはならない。
人様に累を及ぼさないという事が前提となるのは言うまでもない。

昨今はIS絡みを筆頭に、世界の多くの場所でテロが横行している。

最近ではバングラデッシュのダッカでも罪のない日本人が巻き込まれて
7人ほどが、不本意ながら、その命を落とした。

何という蛮行をするのだろうか。

犯人は現地のイスラム教徒の人間だという。

イスラム教徒のすべての人が悪いという訳ではないとは想像するものの、
そうしたテロを起こすのは、イスラム教徒と相場が決まっているという印象がある。

何故イスラム教徒なのか、
その背景や主たる原因を探ろうという意思は専門家に委ねたい。

素人の私が問題にしたいのは、そんな他人に迷惑をかけるような宗教ならば
思い切って「やめてしまえ」と言いたい。

善良な他の多くの信徒にも不本意ながら、多大な迷惑になる。

国家として、イスラム排除という極端な動きが出てきても、
それを頭ごなしに非難出来ない程、事態は深刻だ。

同じ宗教でひとくくりに「悪者」とみなされたくなければ、
自浄作用が必要だろう。

私はイスラム教を目の敵にするつもりはない。
何をするのも自由だが、他人に迷惑を掛けるのだけは謹んでもらいたい。













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました