So-net無料ブログ作成
Visit my YouTube: https://www.youtube.com/user/NickEcrivain
歴史事実 ブログトップ

Plaza Hotel [歴史事実]

https://www.youtube.com/watch?v=Jxhtb8-muNc

やはりあれが、あの「プラザ合意」のあった、
あのPlaza Hotelだったのか。 

振り返れば,日本にとっては、それはまさしく悪夢の始まり。 
米国のドル危機を受けて、「円高ドル安誘導」を目的とした、
結果的にその後の日本をすっかり変えてしまった、
1985年9月22日に行われたG5の蔵相・中央銀行総裁会議による
忌まわしき合意。
 
現実に、その後、急激に円高が進行。 
その結果、日本の「円高不況」。 

プラザ合意の前が¥240/米ドル位だったことは、
今振り返ると、まるで夢のよう。 
その後の低金利政策で、不動産や株式への投機が加速し、
やがてはバブル景気に突入。 
そして、そのバブルがはじけて、その後の失われた10年。

その忌まわしき合意の行われたそのPlaza Hotelに入ってきた。 
別に特別の用事があった訳でもない。 
それは必然を伴う単なる偶然でしかない。
Central Parkの南端を抜けると、そこにホテルがあったので、
トイレを借りようと思って入っただけだ。 

確かに場所柄は、前に小さな空間部分があり少しへこんでいるが、
5番街に面している、Central Park前の一等地だ。
でも、その歴史を記したその場所の知名度の高さと比べると、
こじんまりとした大きさで威圧感はない。 
その後改装され、Central Park向きの北部分は個人の
residenceになっている部分が多いようだ。 

そうとも知らずに、北側の回転ドアから入ろうとしたら、
着飾った守衛のお兄さんに呼び止められた。 
ここはPrivate Residenceです、と進入を阻まれた。 
ホテルの入り口は東側で、大きな星条旗などが2-3本、
斜めに立てられていた。 
中の雰囲気は少し重厚な暗い感じだった。 その狭い一階部分で、
お目当てのトイレを探して一周したけれど、見当たらなかった。 





歴史の本当の所 [歴史事実]



歴史の本当の所は、
結局こういうことなのだろう。 
下手な外交の一語に尽きる。
その場しのぎの、場当たり的な、
先を読めない、ご機嫌取りを目的とする言動。
それが、大きな問題になっていることの責任を、
未だに認めようともしなければ、
あたかも自分の言動が正しかったかのように、
自分だけが認めている状態。
他の誰も認めようとしないことなど全く無視。
哀れではないか、
でもご本人はそんなことを理解もしていない様子。
これが事実なのだろう。
歴史上最悪とののしられるのには、
それだけの事実がある。
それを引きずりながらやらなければならない現政権は
お気の毒だが、それの対応も仕事の内。
頑張って欲しい。



歴史事実はその内明らかになる [歴史事実]



河野談話が、どれだけ「いい加減」なものだったか、
この記事でよく分かる。 
結局「でっち上げ」で「噴飯もの」でしかないのだろう。 
裏付けの取れる確かな証拠がないのだから。

これは、日本人のある意味ではいいところでもあり、
同時に大いなる欠点である、その弱点を反映している。
自分が正しいと思えば、とことんそう主張する。
そんなことのないのが日本人の特質。
「和」を重んじるが故の、間違った妥協、
余計な摩擦を出来るだけ避けようとし、
なあなあで其の場を収めようとする無責任。
そんな、日本的精神風土の産物のように思える。

でも、国を代表する立場で、国益を追求すべき公的な立場で、
そんな、一部の国内的にしか通用しないやり方は論外。
世界を知らない人間が、
そんな立場にあったことがわが国の不幸。

しかし、誤りは誤りとして、その誤謬が確認されれば、
胸を張って、その誤りを訂正すべきもの。
訂正するに、遅すぎるということはない。
まずは、ご本人がそれをすべきだろう。
内心は辛いだろうと想像する。
ご自分のやったことが、そんな恥多きことであったことは、
間違いなく、ご当人がお分かりの筈だから。
間違いを訂正する勇気を持って欲しいと思う、
貴方が本当に日本人なら。



歴史事実 ブログトップ