So-net無料ブログ作成
検索選択
Visit my YouTube: https://www.youtube.com/user/NickEcrivain

北朝鮮包囲外交 [外交]

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS01H5Z_R00C17A5PP8000/?n_cid=NMAIL001

中央アジアの国々も引き込んで、
北朝鮮の包囲網を作り、
北朝鮮に圧力を加えるのはいいことだ。

日本は外交活動の分野でも
世界の国々をりードする事が期待されている。

人類の生存の為に一番重要な「世界の平和」の為に
日本はその持てる能力を活用しなければならない。

平和に対するあらゆる「脅威」の芽は、
人類全体の問題として、
より多くの国々と共同で摘み取る努力をするべきもの。

そういう意味で、今回の中央アジアの国々への働きかけは
評価されるべきもの。

北朝鮮により安保理の決議は順守されなくてはならない。

核・ミサイルの開発は決して許されない。














不調に終わった日露の四島問題、次の策略を考えよう。 [外交]

http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e6%97%a5%e9%9c%b2%e3%80%8c%e8%b2%a0%e3%81%91%e7%b5%84%e9%80%a3%e5%90%88%e3%80%8d%e3%81%ae%e7%b5%8c%e6%b8%88%e5%8d%94%e5%8a%9b%e3%81%af%e5%a4%a7%e8%83%86%e3%81%ab%e9%80%b2%e3%82%80%e5%8f%af%e8%83%bd%e6%80%a7%e3%81%8c%e3%81%82%e3%82%8b/ar-AAlKUG7?ocid=spartandhp

北方四島返還問題は日本の不調に終わってしまった。
でも、それですべてが終わった訳ではない。

今回のプーチンとの交渉の推移を考えた時、
何が視点として足らなかったのか、
それまでには見えなかった部分が
少しは見えてきた様な気がする。

私は日本を愛する一般の日本人だから
どうしても、日本人の立場からものを見がち。
それは、四島返還が日本に返還されるべきとの一方的な見解。

つまり、いくら客観的に俯瞰しようと努力していても
日本の国益追及で眼のレンズが曇るみたい。

ロシアの立場から見たら、彼らはどのように考えているのか
具体的な部分はあまり入って来ない。
つまり、本当の現実が見通し得ていない。

そうした勉強不足だから、プーチンに尋ねられた重要な質問に
後先をよく考えずに、本音がそのまま口から出たのだろう。

北方4島が、米軍の基地化など、仮にあっても
「ありえない」と言うべきだった、と悔やまれる。

その例が示す通り、日本の大臣などは、勉強不足なのだろう。
だから、そんな不都合な点が、マスコミに流れる。

効果が損なわれない様に、関係当局は、真剣に取り組んでいると思う。

そんな環境下だから、余計な口出しは無用だろうと関心する。

















四島返還に拘らないという事にこだわり過ぎるのも如何なものか? [外交]

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e6%97%a5%e3%83%ad%e9%a6%96%e8%84%b3%e4%bc%9a%e8%ab%87%e3%81%8c4%e5%b3%b6%e8%bf%94%e9%82%84%e3%81%ab%e3%81%93%e3%81%a0%e3%82%8f%e3%82%8a%e3%81%99%e3%81%8e%e3%81%a6%e3%81%af%e3%81%84%e3%81%91%e3%81%aa%e3%81%84%e7%90%86%e7%94%b1/ar-AAlz9Ri?ocid=oa-cinqueter014#page=2

これが非独立国日本の悲しい現実なのかも知れないが、
日本が一方的に折れるのは日本の矜持が許さない。
又、日本だけが我慢を強いられるのは不合理そのもの。

日本が完全な独立国になる時を待てば?
独立国になるには、憲法をまともなものに立て直し、
自国独自で国防を可能にする体制を構築し、
世界の列強と対等に交渉できる実力をつける必要がある。

国防の為には、核を持つことも当然視野に入る。

ロシアとの協議で、前進を可能にする要素が無ければ
ロシアにも利益なしを覚悟してもらいたい。
ロシアだけがいい目をすることは受け入れられない。

日本の協力を必要とするなら、
ロシアにも妥協してもらうのが筋だ。
そんな当たり前のこと、言うまでもないことだが。













プーチンの騙しの手には乗るな!! [外交]

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS13H4E_T11C16A2EA2000/?n_cid=NMAIL001

「経済協力、領土に先行」と言うのは自由だが、
そうはいかない。

そう言うのは、「領土問題の解決」軽視の表れ!

領土問題で譲歩する気は「ない」事を如実に物語っている。

「その気のない」のは誰が見ても明白。

ただ単に領土問題を馬の鼻先の「ニンジン」のようにぶら下げているだけ。

そんな、不誠実な見解では、日本は譲歩は出来ない。

日本の協力が不要なら、そうしてこだわっておれば良い。

日本は、そんな子供だましの様な手に乗る程、馬鹿ではない。

その気が本当にあるのなら、再度交渉のテーブルにつけばいい。
それまでは、放置しておけばいい。















生ぬるい過去の外交交渉から学ぶべき [外交]

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e6%a5%b5%e6%9d%b1%e9%96%8b%e7%99%ba%e3%80%81%e5%be%b9%e5%ba%95%e3%81%97%e3%81%a6%e5%8d%94%e5%8a%9b%e3%82%92-%e6%a3%ae%e5%85%83%e9%a6%96%e7%9b%b8%e3%80%81%e6%97%a5%e3%83%ad%e9%a6%96%e8%84%b3%e4%bc%9a%e8%ab%87%e5%89%8d%e3%81%ab/ar-AAltKkU?ocid=oa-cinqueter014#page=2

そういう日本的能天気思考では、根本的な問題解決には至らないだろうね。

ロシアは自国の国益さえ手に入ればいいと思っている。

日本も自国の国益重視で当たればいい。
だめなら決裂しかない。

日本のお人良し政策では埒が明かない。
何故日本人は概してそんなにお人好しなのか、理解に苦しむ。

過去に交渉の当事者だったとしても、
「結果を出せなかった」人物が何を言っても、
説得力に欠けるかポイントはずれなのだろう。

極東開発の為の日本の協力が必要ならば、
それを可能に出来る為に、
まずは、過去の歴史をロシアが合理的に清算する必要がある。

ロシアの主張する大前提は間違っている。

事の順序を間違えるから、
日本の外交は上手く行かない。

日本も自国の数々の失敗の歴史から学ぶべきだ。

商品を貰う前に、「お金を先に支払ってはならない」。
それ、鉄則だ。

結果を出せて、その「後」に、その清算の為にお金を出す。
そんなの「あたりまえ」の事ではないか。

ロシアが結果を出してきたら、極東開発でも、経済協力でも
日本が出来る協力を惜しまなくてもいい。

勿論「平和条約」の締結も視野に入ってくる。

でも、そうした日本の協力や平和条約を「先に求められたら」
断固と断ればいい。 

それは「食い逃げ」以外の何ものでもないから。














トランプ流の対中国外交 [外交]

http://www.nikkei.com/article/DGXLNSE2INK01_S6A211C1000000/?n_cid=NMAIL001

トランプ流の国益優先。上手いね~!

米国に対中国で,
交渉力を発揮してもらわないといけないので、
トランプ氏の発言は大いに歓迎!

彼の、見極める具体的な政策は、最重要事項。
特に日本にとっても、アジア諸国にとっても、
南シナ海での海洋「進出」、別名、INVASION(侵略)の暴挙は、
最重要反撃必要事項であり、
こちら側にとっても核心的利益。

断じて許せない!












日米同盟の立て直し [外交]

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS05H5N_V01C16A2EA2000/?n_cid=NMAIL001

日米開戦の始まったその地、ハワイパールハーバー
ワイキキから現地のバスに乗って訪れたことがる。
ハワイを訪れたら、絶対一度は訪問すべき所だ。

そのパールハ-バーを
現職の日本の総理大臣が訪問する事が決まった。

日米同盟を更に強固にするための立て直し作業だ。
中国や北朝鮮などの日本を取り巻く不安定要因が
更に不安定化するのを防ぐ為には、当面日本に出来る事は
日米同盟の強化しかない。

日米開戦に至ったその原因はさて置き、
無辜の日本国民に無差別攻撃を加えた米国の行為はさて置き、
日本が開戦する事により、ハワイの人々に犠牲を強いたことへの
心情的な清算は当然すべきこと。 安倍総理の決断を歓迎する。













真珠湾攻撃作戦―日本は卑怯な「騙し討ち」ではなかった (光人社NF文庫)

真珠湾攻撃作戦―日本は卑怯な「騙し討ち」ではなかった (光人社NF文庫)

  • 作者: 森 史朗
  • 出版社/メーカー: 潮書房光人社
  • 発売日: 2015/11
  • メディア: 文庫



やっぱり、そんな話に落ち着くのか [外交]

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO10051870Z21C16A1000000/?n_cid=NMAIL001

そんなの聞かなくても明瞭に分かる。

ロシアが返還する気など全くない事を
裏ずける事実が報道されている。

ロシアがあの調子では、
平和条約締結所の話ではない。

経済協力などの案もまったく進められない。

話の腰を折っているのはロシア側。

ロシアが本当に将来の希望ある道を望むなら、
現実的な話を向こうから持ってくるべき。

日本の対応はあまりにも人が良すぎる。
そんな日本の価値観だけでは外交交渉にはならない。

話が通じない相手と交渉しているという前提で、
日本の国益のみの確保の為に交渉をやればいい。

欲しいと思うから、相手の思う壺に落ち込み、手に入らない。
欲しいと思わなければいい。

両国の首脳同士の個人的な関係だけでは
解決できる問題ではない。

まずは歴史事実の認識の齟齬から話を始める必要がある。














ほらほらロシアは本音を言いだした! [外交]

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e6%97%a5%e9%9c%b2%e5%85%b1%e5%90%8c%e7%b5%8c%e6%b8%88%e6%b4%bb%e5%8b%95%e9%a0%98%e6%9c%89%e6%a8%a9%e5%89%8d%e6%8f%90%e3%80%81%e5%bf%9c%e3%81%98%e3%82%89%e3%82%8c%e3%81%9a-%e8%8f%85%e5%ae%98%e6%88%bf%e9%95%b7%e5%ae%98/ar-AAkxzYu?ocid=oa-cinqueter014

官房長官の仰る通り! 

ほらほら、ロシアは本音を言いだした。

自分とこの都合ばかりで、
歩み寄る姿勢は感じられない。
それがロシア。

その調子じゃ平和条約も経済協力も元の木阿弥になる。

「引き分け」どころの話ではない。
無条件で経済協力してくれと頼んでいるのと変わらない。

そんな、「人をだますような話」を誰が受け入れる?

PUTINにお越し頂いても、何ら意味はない。

やはり、自己の歴史を自己に都合よく曲解するどこかの国々と
あまり大差は感じられない。

でも、「自国の利益だけに焦点を当てる」このロシアのやり方が
大方の国々の「外交」のやり方だという事を、
この事例でも日本は学ばなければいけない。

日本のやり方は「お人好し過ぎる」。
外国は「和をもって尊しとはしない」。 自国さえ良ければいいのだ。
それが現実のようだ。
















Trump氏に望む [外交]

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO09556300V11C16A1FF2000/?n_cid=NMAIL002

対立を排除し、
融和的関係への進展は歓迎だが、
アサド政権の暴力は排除すべきだ。

政権が自国民を虐殺するのは狂っている。

プーチン氏との約束が出来た場合、
その約束が約束通り履行されない場合は
即方針変更を前提として、
まずは融和の方向を支持したい。

その意味では、
プーチン氏の動向が重要なカギとなる。

トランプ氏には、彼ならではの実績達成を目指して
大いに奮闘して頂きたい。

実績は既存の評価を変える働きがある。