So-net無料ブログ作成
Visit my YouTube: https://www.youtube.com/user/NickEcrivain
心に残る名作 ブログトップ

映画「ひまわり」を鑑賞して [心に残る名作]

https://www.youtube.com/watch?v=nMdBwPCkXGk

Henry Mansinniのテーマ音楽が、あまりにも美しい旋律なので、
どうもそちらに気を取られがちですが、

イタリア映画の「ひまわり」を鑑賞して、考えさせられました。
戦争が人の人生を破滅に追いやる要素を持っていることを。
それは、平和な国の国民にとっては、
非日常的な特異な事。
戦争によって、人生が完全に自分の思いとは全く異なる方向へ
導かれることはよくあることなんですね。

映画の主人公はあのSophia LaurenとMarcello Mastroyani。
恋人同士の彼らは、Marcelloが戦争でRussiaへ行くことで引き裂かれ、
Marcelloが雪の中で行き倒れになり、兵隊仲間から見放され、
あわや凍死寸前で、その地のRussia女性にかろうじて命を助けられます。

一方、祖国に戻った戦友からMarcelloの事を聞いたSophiaは、
Marcelloがまだ生きていることを切望し、単身でMarcelloを探しに、
Russiaの地を尋ね歩きます。
そして、ついに、生きているMarcelloを発見するのです。

所が、Marcelloはその命を助けてくれた若いRussia女性と、
現地で家庭を持ち、子供までもうけているのを目にするのです。
彼女は、Marcelloを目前にして、今いる駅でMarcelloが降りた
その汽車に慌てて飛び乗ります。

何て運命は皮肉なのでしょうか?
その映画の背景に流れているHenry Mancinniの、
あの流麗な旋律があまりにも美しいが故に、
その物語とはとても対照的でとても不釣合いな
paradoxを感じ取ることを禁じえません。
残酷な物語の筋と魅惑的なその音楽とは、
なんという取り合わせなのでしょうか。

そのような理不尽がやはり人生の現実なのでしょうか?
とても考えさせられました。






めぐり逢い (An Affair to Remember) 1957 [心に残る名作]

クラシックのロマンス映画ファンなら、
絶対欠かせない、「お涙頂戴」のこの一本。
往年のハリウッドを代表する、
超二枚目スターのケーリー・グラントと
知的で上品な美人女優のデボラ・カー共演。

この一本を知らずして、
ロマンス映画の本質を語れない。

舞台はニューヨークと南欧のリヴィエラと
その間を航海する豪華客船の上。
世界一のプレイ・ボーイ役のNickie Ferranteと
恋人のいる歌い手Terry McKayとの船上での出会い。
ふたりは恋に落ちる。 

それが、事もあろうに、
半年後の二人の約束の再会場所である、
NYのempire state buildingの前で、
タクシーから降りた直後のTerryが交通事故に遭う。
そして、運悪く彼女は歩けなくなる。



何度見ても、見るたびに目頭が熱くなる最後のシーン、
込み上げてくるその思いに抵抗できなくなるのは、
私だけであろうか?

この作品を見ずして、
ロマンス映画を知っていると思う事なかれ!
必ずやあなたも同じ感情に襲われるから。

めぐり逢い [DVD]

新品価格
¥991から
(2014/6/5 11:42時点)




カサブランカ (Casablanca) 1942 [心に残る名作]


カサブランカ [Blu-ray]

カサブランカ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray



「永遠の名画」 - そう呼べるものがこの世にあるとしたら、
あのカサブランカが、その一つだろう。
僕はその映画を見るたびに、
無意識に興奮している自分に気付く。

具体的には、何が興奮する原因なのか、
自分ではあまり認識していない。
しかし現実は、
反射的に興奮の世界に引きずり込まれる自分に気付く。

ロマンスは永遠のテーマ。
でもハッピーエンドでない筋書が、
多くの人の感情を掻き立てるのだろうか?

その物語の中のRick (Humphrey Bogart)は、とても男前。
とても立派に映しだされている。
別の映画Sabrinaの中で見た彼は、
その役柄も手伝ってか、
二枚目William Holdenの影に隠れて、パッとしなかったけど。

共演のIngrid Bergmanは、惚れ惚れするいい女だ!
何とも言葉では形容しがたく、心を奪われる!
もし、同じ時代に生きていたら、
きっと話し掛けずにはいられなかっただろうな。
実にいい女だ!

さらに、その映画の中で出てくるあの曲
「As time goes by.」もいい歌詞の歌だね~
Dooley WilsonのRickの店での弾き語りが何とも素晴らしい!

もしまだご覧になっておられない方には、是非おすすめ!
きっと病みつきになるかも?


めぐり逢い (An Affair to Remember) 1957 [心に残る名作]


めぐり逢い [DVD]


クラシックのロマンス映画ファンなら、
絶対欠かせない、「お涙頂戴」のこの一本。
往年のハリウッドを代表する、
超二枚目スターのケーリー・グラントと
知的で上品な美人女優のデボラ・カー共演。

この一本を知らずして、
ロマンス映画の本質を語れない。

舞台はニューヨークと南欧のリヴィエラと
その間を航海する豪華客船の上。
世界一のプレイ・ボーイ役のNickie Ferranteと
恋人のいる歌い手Terry McKayとの船上での出会い。
ふたりは恋に落ちる。 

それが、事もあろうに、
半年後の二人の約束の再会場所である、
NYのempire state buildingの前で、
タクシーから降りた直後のTerryが交通事故に遭う。
そして、運悪く彼女は歩けなくなる。

何度見ても、見るたびに目頭が熱くなる最後のシーン、
込み上げてくるその思いに抵抗できなくなるのは、
私だけであろうか?

この作品を見ずして、
ロマンス映画を知っていると思う事なかれ!
必ずやあなたも同じ感情に襲われるから。

恋愛

心に残る名作 ブログトップ