So-net無料ブログ作成
Visit my YouTube: https://www.youtube.com/user/NickEcrivain
困難が同居する深刻な問題 ブログトップ

難しい決断 [困難が同居する深刻な問題]

物事の理屈がお互いに対立するとき、
どう判断し結論を導き出すか。

そのどちらにも、
それ相応の無視できない重要な事情があり、
その相反する事情が相手の事情を同時に満足し得ない場合。
その相反する二つの道の内、
どちらを取るのがいいのか、
その選択に困る場合がある。

今回のシリアにおける化学兵器使用問題の場合、
基本的には化学兵器を使用すること自体が、
決して許されることでないので、
絶対に認められない。

だからと言って、
他国がよその国の内乱に干渉するというのも、
内政干渉とか呼ばれるものに抵触する。
それ相当の理由でもない限り、
他国の内政に口出しすべきでないのももっともな話。

化学兵器使用ということが、
国際ルールである化学兵器禁止条約に抵触する。
その条約の加盟国は2008年12月の時点で185カ国に達しているが、
北朝鮮とイスラエルと今問題のシリアは参加していない。

この条約の場合は、人類の存在そのものの危機に関わる、
由々しき問題だから、条約に参加していなければ、
何をしてもいいという事にはならない。
いわば、全人類の存在に類を及ぼす大問題だから、
条約に参加していようがいまいが、
関係なしでは済まされない問題。
直接他国に危害を加えかねない問題だから、
人類全体の安全の確保と、
シリアで拡大している問題の早期解決を図るためには、
内政干渉もやむを得ないでしょう。



困難が同居する深刻な問題 ブログトップ