So-net無料ブログ作成
検索選択
Visit my YouTube: https://www.youtube.com/user/NickEcrivain
My favorite movie ブログトップ

記憶に残る映画のシーン [My favorite movie]

記憶に残る映画のシーン

映画のシーンで記憶に残っているもの。 
それにはどんなものがあるだろうか? 

「第三の男」の最後のシーン。 
一点描写の並木道で主人公の男女が、
ものも言わずにすれ違うあの場面。 
チターの音色が流れていた。 
映画の中身はさっぱりわからなかったけれど、
あのシーンだけは、頭にこびりついて忘れられない。 
主題曲はその記憶を鮮明に保持してくれる。

Audrey Hepburnの「ティファニーで朝食を」の最初のシーン。 
場所はNYの五番街。
まだ街灯のついている薄らと明るい夜明け前の早朝、
人っ子一人もいないその五番街を、
南からYellow CabでTiffany’s前に乗り付けるAudrey。 
右手奥にはEmpire State Buildingの頭の部分が
少しだけ見えていたような気がする。 
多分、撮影時には人の通行を完全に遮断したのだろうけど、
あんな、人っ子一人もいない五番街は見たこともない。 
また、今後も見ることはないだろう。 
Taxiから降りたAudreyは、
Tiffany’sのショウ・ウィンドウを覗き込む。 
そして、白い紙袋から取り出したクロワッサンを口にくわえ、
白色の紙コップのコーヒーか何かを飲む。 
蓋を開けたら湯気が少し出ていたようだったから、
多分コーヒーだったのだろうと思う。 
そして映画に付き物の曲は、
あの有名なHenry Manciniの「Moon River」。 
どれほど多くの歌手によって歌われたか。 
代表的なのがAndy Williams。 
Audrey自身も映画の中では窓辺に腰かけて、
ギターを弾きながら歌っていた。 
NYのManhattanは、
どこもかしこも映画の背景になる楽しい街。 
毎年どれだけ多くの観光客を惹きつけることか。 
なんてことはないのだけれど、素敵な街。

NYと言えば、Empire State Building。 
昔はKing Kongもよじ登った、ビルの中のビル。
多分いろんな映画の中でこのビルが使われてきたと思う。 
中でも、物語の中でその存在が重要になったのが、あの「めぐり逢い」。 
原題は「An Affair to Remember」。 
この映画は、最後の場面で胸が詰まり熱くなる。 
見る度に涙を堪えることのできない、万人の涙を誘う映画。 
Terry McKayに扮するDeborah Kerrが、
とても品よく魅力的だし、
Nickie Ferrante役のCary Grantも、とてもかっこいい。 
ヨーロッパから帰りの船の中で出会う二人は、
NY港につく直前に、6ヵ月後に、
そのEmpire State Buildingの最上階で再会しようと約束する。 
そのシーンの背景にも、
DeborahがBostonから飛行機でNYに戻るシーンの背景にも、
その飛行機の窓からEmpire State Buildingが見える。
スチュワーデスが、それを指摘するシーンも、
Deborahの心境を考えれば、念が入っている様な気がする。 
まさにNYの象徴。 
遠くから見ると、
誰にでもその存在感を見せつける偉大なる建物だが、
その前に立つなどして、極そばから見ると、
あまりにも分かりにくいビルでもある。 
初めて徒歩で訪れた時は、
その真ん前に立っていながら、
自分がその玄関前にいることが分からなかった。
最上階の102階には直通では行けず、
一旦途中の階で降りて、
そこから別のエレベーターに乗り換える。 
102階で降りると、
その右手に映画の中で真夜中まで
NickieがTerryを待っていた所がある。 
102階まで行くとなると、
一般の大人料金$20+102階料金$15で、
計$35の2種類のticketsが必要となる。 
私の思い違いかも知れないけれど、
Sabrina」で出てきた何とかIndustryのビルも
このEmpire State Buildingが使われていたような、
そんな気がする。 
このビルが映画の背景になったのは、
その他にもたくさんあるように思う。 
それ程絵になり、皆に愛されるNYの象徴。

NYと並んでよく映画に出て来るのがイタリア。 
Roma, Firenze, Napoli, Capri, Venezia, Pompei等など。
Romaと言えば、
日本人ならば真っ先に思い出すのがあの「Romaの休日」。
Audrey Hepburnが大活躍。 
私が訪れたのは冬だったので、
スペイン広場は閑散としていたが、
暑い頃ならば、イタリア名物のジェラートを
Audreyのように食べたかも知れない。
そのスペイン広場前のtaxi乗り場から、
真実の口で有名な教会までtaxiに乗った。 
生憎その日に交通事故があり、
現場は縄張りがされていて、
その真実の口には直接触れることはできなかったが、
映画の中でのその手の抜けないふりをするシーンは記憶に残っている。 

水の都Veneziaで思い出すのは、
もう一人のHepburn―Catharine Hepburn主役の「旅情」。
映画の撮影当時は、
まだVeneziaの水はきれいだったのだろうか? 
Catharineが運河にはまるシーンもあったが、
私の訪れた2001年当時は、運河はかなり汚れていた。
Rossano Brazziがクチナシの花を
Catharineにささげるシーンも思い出される。  

映画「旅愁」は、イタリアの観光地紹介のための映画の様子。 
FirenzeもNapoliもCapriもPompeiもふんだんに出て来る。 
Napoliのrestoranteでのシーンに出て来るのは
あの名曲「September Song」。
古い蓄音機の大きなラッパのような口から出て来るその曲は、
映画の題材そのものだ。 
Capriでは、あの青の洞窟の場面がある。 
夏場のconditionの良い時でないと、入れないその洞窟。 
冬場に訪れた我々には、その神秘の恩恵には恵まれなかった。
Pompei観光も出て来るが、我々は突然の雨に見舞われて、
十分に見ることは出来なかった。 
Firenzeはこじんまりした花の都と呼ばれる町。 
映画に出て来るアルノ川沿いのあの立派な邸宅が
どこにあったのかよくわからないが、
多分今では駐車場になっている辺りではないかと想像する。 
Ufficio美術館を始め、ドウモやシニョリ広場等など、
徒歩で移動できて楽しいところがいっぱい。 
映画のそれぞれの場面が、楽しかった旅行のそれとダブってくる。

淀川長治さんではないけれど、
映画ってほんとにいいものですね!


https://www.youtube.com/channel/UCqq8Yxj5q2Z6Otq0qz7wIMg/feed?view_as=public













Central Parkは、あの名画「めぐり逢い」を思い出させてくれる [My favorite movie]



New YorkのCentral Parkを通り抜けた
その公園の南端に、こんな馬車が客待ちをしていた。

こうした観光客向けの馬車があるというのは、
やはりNYは観光地。
世界中から観光客が訪れるのだろう。

Metropolitan Museumを訪れた後、
広いCentral Parkを散策したが、
いろんな映画の撮影地にもなるように、
なるほど、とてもいい所だ。
 
公園にはリスも住み着いていた。

そのリスのスナップも後でアップしようと思う。

この公園を背景にしたあの映画「めぐり逢い」のテーマソング。
私の好きな映画であり、歌も素晴らしい!

https://www.youtube.com/watch?v=-PqeZt_IFPQ

めぐり逢い [DVD]/ケイリー・グラント,デボラ・カー,リチャード・デニング

¥1,533
Amazon.co.jp


"Serendipity - A title of a movie [My favorite movie]





I saw a movie titled "Serendipity".
I didn't know the word "serendipity" before that,
but I heard in the film that the heroine (Kate Beckinsale)
explained it as "Fortunate Accident" - yes it would be
something everyone would hope for - I found it
a very romantic beautiful story in New York.

It all happened by "accident".
It was just a mere accident that the heroine met
the hero (John Cusack) at a department store.
Things got started by reaching their hands
simultaneously for a pair of black glove.
It was the only one available leaving no further stock.

While they are mutually making concession to each other,
another old man takes it, because it was still hooked
on the display stand. The two explain to the old man
that it is theirs and just in the course of talking
which one of the two will take it. As a result of
their efforts, they finally succeed in getting back
the black glove from the old man. And, after that
they date at a cafe (patisserie) named "Serendipity".

I felt something strange as to the flow of the story
while watching it, but they get 2nd accidental encounter
at the very cafe "Serendipity" after they once parted.
The story is featuring the "destined encounter" of the two.
Also featuring more about their passion for their
"destined re-encounter" at the same time.

The hero hands heroine a five dollar bill on which
he wrote his name and phone number - the heroine use it
right away at a shop on the road, expecting the money
bill will return to her. Later on, she finds it
in her friend's purse while in an airplane.

The heroine writes her name and phone number on a book
and sell it elsewhere the hero has no means to know.
If the book is found somewhere by the hero, it would
prove the "destiny" of the two. It looks rather
ironical that the book was presented to him by his
fiancee just before their marriage. And the marriage
will be cancelled on the very day of the wedding.

They also try it (destiny) in a hotel by taking the
elevator of opposite sides with a floor in the middle -
if both of them push the button of the same destination
floor, they can meet again on the same floor. But,
the destiny plays a mischief - things do not go as they
wish. But I found heartening something in the movie and
I felt as if I could have something in common in the story.
So, the story was very appealing to me.

If you find this movie somewhere, I would like you
to watch it by all means - a very nice warm story you
will see it perhaps 3 times or more !!!

NB: You can find "full" movie if you check Youtube.





My favorite movie ブログトップ