So-net無料ブログ作成
検索選択
Visit my YouTube: https://www.youtube.com/user/NickEcrivain
日本を変えよう ブログトップ

ちょっと古い話ですが、本筋は変わらないので [日本を変えよう]

問題は目先の事象に捕らわれずに、事の本質から攻めよう。

2016年5月3日
20:52

沖縄で女性に対する強姦殺人事件があった。
TVでそのニュースが大きく取り上げられて、
沖縄における米軍の海兵隊を締め出そうとする
運動が広がっている様だ。 

確かに、犯人は米軍の軍属の様だ。 
その犯人が相当の刑罰に処せられるのは、当然の事だ。 
この種の女性に対する犯罪は従来から何度もあり、
後を絶たないのが現実みたい。 

だからと言って、海兵隊を沖縄から追放しようという
大きく盛り上がっている運動が
問題の解決になるのかどうかということになると、
首をかしげたくなる。

確かに、そうした犯罪をなくすあらゆる努力はなされなければならない。 
しかし、果たして今の運動でいいのか。 
そんな論調はあるのかないのか私は知らない。

私なら、そうした目先の事だけにこだわらずに、
問題の抜本的解決を図るためには、
まず第一にすべきことは、
日本の憲法を変える事だと考える。 

いつまでも、沖縄等に米軍を置いて
米国頼みの国防をするのではなく、
我が国独自で国防をすれば、
もはや沖縄に米軍の存在が不要になる。 

自国の国防を他国に頼ると言う姿勢の国は他にどこにある? 

自分の国は自分の力で守るもので、他国に頼るものではない。 

日本がそうしたいびつな形になっているのは、
先の大戦後、米国中心の連合軍により、
日本が二度と米国に歯向かうことのないように、
日本を国として去勢したからに他ならない。 

その結果、ありもしない前提をもとに今の日本国憲法が作成され、
米軍に巧みに洗脳された状態が未だに尾を引いているだけのことだから、
日本が今後そうしたゆがめられた形を
本来のまともな姿に変革しようとすれば、憲法改正は当然のことだ。 

他国が日本に攻めてこないというありもしない妄想から脱却できない、
愚かな人々が未だいるという事実がある。 

根拠のない「平和憲法」崇拝亡者は、
我が国の平和に害を及ぼす事はあっても、
我が国の国防に寄与する事は断じてない。

現実に中国などが日本への侵略を虎視眈々と狙っていて、
少しずつ実行に移しているのに、
それでも目覚めぬ人々がいることが嘆かわしい。 

そういう連中と同調して日本が侵略されるのを
指をくわえて見ている訳にはいかない。

自国の国防の為に自国の軍隊を持つのは、
世界中どこの国でも当たり前のこと。 

我が国が軍隊を持つのは国防の為だけであって、
他国に攻め入る為のものではない。 
だから、日本の軍隊が平和維持のための軍隊であって、
平和維持の精神は保持できる。 

それでも足らない場合及び世界平和維持の為に
日本が米国に協力するための日米同盟は必要だ。 

何もトランプ氏に言われるまでもなく、
日本は自国の防衛の為に必要な経費は自国で賄えばいい。 

沖縄から米軍が出ていけば、
自動的に沖縄での事件や事故は無くなる。 
なぜ、そうしないのか、
本当の狙いは他にあるのではないかといぶかしく思う。 

繰り返して言うと、
問題の本質を根本的に解決するためには、
その順番として、まずは自国で国防図り、
米国にはお引き取り願う。
 
それを可能にするためには、
現在の欠陥憲法をまともなものに改正する。 

その道意外に、問題解決の方法があると主張するならば、
そこに何か邪心があるようにしか思えない。 

米軍が沖縄から完全に撤退しても、
目の前の中国や北朝鮮の脅威が存在する限り、
沖縄は日本の国防の要の地であることには変わりはない。 

米軍に代わって存在し続けるのは日本の防衛軍になるから。 

少なくとも米軍軍人による
不祥事の再発は回避できる事は言うまでもない。 

枝葉を論ぜずに問題の本質を直視すればそうなる。
話は単純だ。 普通に常識的に考えればそうなる。













日露関係の雪解け [日本を変えよう]

http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e3%82%b7%e3%83%99%e3%83%aa%e3%82%a2%e9%89%84%e9%81%93%e3%81%ae%e5%8c%97%e6%b5%b7%e9%81%93%e5%bb%b6%e4%bc%b8%e3%82%92%e8%a6%81%e6%9c%9b-%e3%83%ad%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%81%8c%e5%a4%a7%e9%99%b8%e6%a8%aa%e6%96%ad%e9%89%84%e9%81%93%e6%a7%8b%e6%83%b3-%e7%b5%8c%e6%b8%88%e5%8d%94%e5%8a%9b%e3%82%92%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ab%e6%b1%82%e3%82%81%e3%82%8b/ar-BBwUFhj?ocid=oa-cinqueter014#page=2

サハリンと北海道をつなぐ横断鉄道とは、
スゴイ提案ですね!

この記事で今日は眠気眼から目が覚めました。

実現すれば日露の関係はかなり進展するでしょうね。

でも、どうして実現するのか、
その分野に不案内な私には、話が大きすぎる様な気もします。

サハリンから北海道・稚内間の宗谷海峡の間の距離が
なんと(約42キロ)もあるというではないですか!

そんな長距離なら「橋」は現実的ではないような気がしますし、
「海底トンネル」なら現実味があるのかも知れませんが、
実に壮大な計画だと思います。

仮に、トンネルの距離だけを考えたら、
ドーバー海峡トンネルの長さが50.49kmだから、
約42kmはそれよりも少しだけ短いという事になる。

でも、その他の要素はどうなのか知らない。

最終の主たる目的を考えたら、挑戦する価値があるのかも?

これを機に、日露両国の関係が深まり
お互いの利益に資する事を願います。












環境の変化に敏感に対応しよう、生き延びる為に! [日本を変えよう]

北朝鮮が核搭載のミサイルを
実際に使える段階になったと推定される。

所が日本の現状は、そうしたミサイルが飛んできても
発射段階では、その動きを補足する事さえ出来ないというお寒い現実。

実際にミサイルが到着するまで、
発射のされたこと自体も分からなかったという事実は
日本を震撼させる。

本当に日本を標的にして
同時に多数発射されれば、迎撃態勢はもうお手上げ。
日本には対抗できる手段がないという厳しい現実。

首相を始め、政府関係者が、事の重大さに気付き
それなりにどう対応すべきか、外交の分野も含め、
躍起になってご活躍頂いているとは信じたいが、

こんな重要な国防の問題は、
国民が一丸となって、何をどうすべきなのか、
一般の国民の間にも「危機認識の共有」が目に見えてあってしかるべき。
なのに、残念ながら今の時点でそんな国民レベルでの動きは見当たらない。

他人事ではないのは明白なのに、国民の間では静まりかえったまま。
それでいいのか?

自由な人生を手に入れる教科書
















危機対策の甘い日本の現実 [日本を変えよう]

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e3%80%90%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%b4%e5%af%86%e6%bc%81%e3%80%91%e5%8f%b0%e9%a2%a8%e3%81%a7%e8%ba%ab%e5%8b%95%e3%81%8d%e5%8f%96%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e8%88%b9%ef%bc%91%ef%bc%93%e9%9a%bb-%e6%b5%b7%e4%bf%9d%e3%80%81%e7%b7%8a%e6%80%a5%e9%81%bf%e9%9b%a3%e7%9a%84%e3%81%ab%e9%a0%98%e6%b5%b7%e5%86%85%e3%81%ae%e5%81%9c%e6%b3%8a%e8%aa%8d%e3%82%81%e3%82%8b/ar-BBddqEP?ocid=oa-cinqueter014

どうして、我が国は、毅然とした態度を取れないのか?
それが、後になって、禍根を残すことになるという事に
どうして、思いが及ばないのか?
とても不思議。

不法行為自体は、当事者は当然リスクを背負ってやっていること、
自分のやった事には、自分で責任を取るのが法治国家のルール。

それを、理由がなんであれ、あたかも幇助するような行為は、
不法行為を認めるようなもの。
認める上に、更に助長するようなもの。

あたかも、犯罪は日本では好きなように犯していいんですよ、
不法行為を、関係当局も認めてくれるんですよと、
そんな風に宣言しているようなもの。

言うべきことを、言うべき時に
するべき事を、まさにするべきそのタイミングにしないから、
日本を敵視する国々からなめられる。

どういう頭の構造になってるのか、理解不能。

こういう事例の対策も、しかるべき部署でもっと検討されるべきこと。





説得力のない行為は歓迎されない [日本を変えよう]



素人や門外漢がああだこうだと言うのは避けたいが、
その道の専門家が、
「これでは訂正になっていない」と、
お書きになっているのには、
それなりの根拠があっての事なのだろう。

その根拠が何たるかを読み
事の事実関係を勉強したい。

これは今現在の「生きた教材
勉強する機会は逃さぬようにしたい。





毒入り食品の排除を実行しよう! [日本を変えよう]

http://topics.jp.msn.com/world/china/article.aspx?articleid=5251265#scpshrjp36

この記事を読むと、
食品の自給率向上を真剣に考えさせられる。

中国の金持ち層が自国産を排除しているように、
中国産の食品の排除を本気で考えたい。

野菜類は、私はすでに自分で自作している。

認識しても、考えているだけではだめ。
すぐにできることから即行動を起こしたい!

食べるものが自分の近未来の体を作る。
毒入りのものは論外!

中国などの毒入り食品兵器にやられてたまるか!







画期的ですね! 素晴らしい! [日本を変えよう]



従来は、自衛隊は存在していても、実際には「動けない」、という
明確に明文化され許されたこと以外は「出来ない」という、
実質的に、その行動範囲が束縛されて来た。

それが、このたびの提言では、一定の歯止めはかけられるものの、
その許容されないこと以外は、「できる」という方向に方針変換の模様。
その存在が活用できる体制になろうとしている。

画期的な素晴らしい提言だと思う。






日本を変えよう ブログトップ