So-net無料ブログ作成
検索選択
Visit my YouTube: https://www.youtube.com/user/NickEcrivain
感動は、若き日の特権 ブログトップ

人はその内、感動を失う [感動は、若き日の特権]

今日はもう少し自分のことについて書いてみる。

人生にはいろんな出会いがある。 
いい出会いに恵まれた人々は、それだけで幸せ者だ。 

人は、初対面や知り合って間もない頃に、
相手の趣味を尋ねるということがある。 
私はその種の質問を受けるのが苦手だ。 
というのは、私には趣味と呼ぶに値するものがない。 

それが大好きで、時間と金と体力などを使って、
是非やりたいと情熱のありったけを注ぐに値する
対象が見当たらない。 だからといって不幸でもない。 

それなりになんとなく、刺激に欠ける人生を送っている。 
振り返ってみれば、随分長期に渡って「感動する」ということ
から遠ざかっている。 多分長い人生の間(過ぎてしまえば
一瞬でしかない)には、いろんな経験をして、
もはや目新しいことが何もなく、何事も感動の対象に
ならなくなっているのだろう。 10代や20代の頃ならば、
それなりに感動に値する、新しい発見や未知の経験も
あり得たけれど、歳を重ねれば重ねる程、
人生が無感動になっていく。

私がフランス語を好きになったのは、
あの古き昔の映画「シェルブールの雨傘」を
見たときだった。 

https://www.youtube.com/watch?v=RhBbKvb3IKA

映画の始まりのシーンの
カメラワークも感動的だった。 
雨降る中を色とりどりの雨傘が並び、
雨が降る空の上から、雨傘の開いた外側面部分に
雨が落下する様子を、カメラが大地の水平線に対して
90°の角度でとらえるシーンで始まる。 

今振り返れば、物語の内容そのものは
何でもない内容のお話ではあるが、
その映画に出演していた当時の若き日の
カトリーヌ・ドゥヌーヴは、私の眼には
とても魅力的に見えた。 

また、その映画が
フランス語のミュージカルだったためだか何だか
知らないけれど、フランス語の持つその独特の音声にも
同時に魅せられた。 その映画を機にして、
いっぺんにフランス語が好きになった。 
10代の頃の話だけど。

https://www.youtube.com/watch?v=aKydycZmUak

残念ながら、過去の日本での生活では、
フランス語を使う機会がほとんどなかったため、
一向に上達することはなかったけれど、
あの映画に出くわさなかったならば、
フランス語にそれ程興味を持つこともなかっただろう。 

今はそんな情熱もすっかり色あせてしまったけれど、
フランス語にかかわらず、語学一般には、
将来のボケ防止のために関心を持ち続けている。 

赤ワインのポリフェノールが、
体の細胞の酸化防止効果があるとのことで、
従来の好みだった白ワインから、
全面的に赤ワインに鞍替えし、
あたかも薬でも飲むような、必要に迫られた感覚で
赤ワインを飲むのと、どこか根柢の部分で
類似するものがあるような気がする。 

だから、もはや語学学習も赤ワインの飲酒も、
老化の進むプロセスをできるだけ先延ばしにする
ためだけのものでしかない。 そこには、
必要性はあっても、感動はない。 
精神的に若さを維持できても、
感動を伴う若さの保持はできないのが現実だ。





感動は、若き日の特権 ブログトップ