So-net無料ブログ作成
検索選択
Visit my YouTube: https://www.youtube.com/user/NickEcrivain
挨拶の仕方は文化そのもの ブログトップ

挨拶の仕方も様々 [挨拶の仕方は文化そのもの]

海外との交流の増えた近年では、
TVや映画の画像が大量に日本にも入り込み、
外国のあいさつの仕方も、
心理的に違和感なく受け入れられる傾向にはある。
その代表が「握手」だろう。
今や、特に友達同士などの間では、
あまり違和感なくされるようになった。
でも「Hug」は、まだまだ日本では浸透していない。
ましてや、「ほっぺにKiss」をするのは、
余程の例外だろう。
日本では、挨拶は、やはり圧倒的に「お辞儀」。
余程親しみを感じる相手でもない限り「握手」もない。

ところが、海外の映像を見ていると、
「Hug」や「Kiss」は、広範囲に渡って至極普通。
男同志でも、ほほにKissする国もそんなに珍しくないようだ。
そんな光景を見慣れない我々は、最初違和感に襲われた。
いや、今でもその習慣には抵抗がある。
自分がするなら、男同志ならば「Hug」までだろう。
それも、友達など余程親しい相手に限ってのみ。

やはり、生まれ育った環境や、所属する社会の文化の影響は
とても強いものがある。
それを、一朝一夕で完全に違ったものに変えてしまうことは、
とてもできるものではない。
やはり、我々日本人は「お辞儀」が良い。
礼儀作法としては、あまりべたべたすることもなく、
程よく距離感があって、特に公的な挨拶にはふさわしい。
そう感じ、そう思うのは、やはり日本人として生まれ、
日本人として育ってきたからだろう。
それは、理屈ではなく、文化そのものだ。

世界は広く、鼻と鼻をくっつけあって挨拶する文化もあるらしい。
我々の知らない世界では、我々の想像もつかない方法で、
挨拶しあう文化があっても、それは何の驚きでもない。
それが、それぞれの文化だから

気持ちの良い挨拶は、あなたを強く印象付ける。