So-net無料ブログ作成
Visit my YouTube: https://www.youtube.com/user/NickEcrivain
旅行の醍醐味、あなたならどちらへ? ブログトップ

2016/06/06 (Tue) ~ 2016/06/14 英国訪問 [旅行の醍醐味、あなたならどちらへ?]

2016/06/06 (Tue) ~ 2016/06/14 英国訪問

2016年5月4日 14:28

なぜ英国に行くことになったのか?  

それには特別な意味はない。

ただ、今まで行こうとも行きたいとも思ったことのない英国だから、
一度位は訪れてみようと素朴に思っただけ。

とりあえずは、思った時が吉日だから、団体旅行に申し込んだ。 

でも、案内書をむさぼり読む訳でもなし、
図書館で借りてきた本もただ積読だけ。

行く直前になって、せめて地図位は持っていないと話にもならないので、
旅行案内書を一冊買ってきた。

Londonといえば何を連想するだろうか?

私が真っ先に思い出したのは何と自分でも意外な「Waterloo Bridge」。

それはとある映画の中に出てきた地名。
題名をすぐに思い出すことは出来なかったが、
資料を調べてみると、邦題は「哀愁」。

原題は何と「Waterloo Bridge」そのものだった。 

更に調べると俳優はVivien LeighとRobert Taylor.
1940年の作品みたいだから、今では超classicな作品。 

中身をほとんど覚えていないが、戦争の映画で、
そのWaterloo Bridgeがめぐり合いの場所だったような記憶がある。 

そのWaterloo Bridgeはテムズ河にかかっている橋。 
Big Benで有名なあのイギリスの国会議事堂から
北方向に約1kmの所にあるのをLondonの詳細地図で発見。

映画に出てきたWaterloo Stationは
その国会議事堂から東に500m位の所に位置する。 

映画の内容は悲劇だったと記憶しているが、
Vivien Leighの顔はもう一度見れば見分けがつく。

五月からこの6月の頃は、イギリスではバラの最盛期の模様。
Queen Mary Rose Gardenという所に案内してもらえる模様。
バラの本場のバラ園で何を発見できるか楽しみだ。

上記の部分はLondonに行く前の話。 
実際にLondonについてみると、
やはり「見ると聞くとでは大違い」と言うか、
「見ると想像するとでは、雲泥の差」。

申し込んだパック旅行のあらかじめ設定された旅行の予定では、
6月11日の午前中にStonehengeを観光して、
その後約139km走って、Londonに。

この6/11(土)が、
今年90歳になられたElizabeth女王の誕生日式典の日
(女王の本当のお誕生日は4/21)。 
その式典の日に我々ツアーのグループはLondon入りした。 

どの辺りを我々の乗ったバスが走っていたのか、
始めての土地で分からないが、
車内の誰かが車外の反対車線をこちらに向かって走ってくる
一風変わった車3台の列を発見した。 

一瞬のことだったのでよく覚えてはいないが、
その行列は周りの人々に分かるように
特別なキラキラ光るような装飾のようなものが施されていたと思う。 

多分ほんの数秒間位だった思う。 
その3台の車を見ると、
なんとその真ん中のお車にあのElizabeth女王がお乗りではないか! 

進行方向に向かって右側にお掛けになっておられたので、
またこちらの方向を向いておられてので、
女王のあのお顔が鮮明に見とれた。 

こちらのバスもその時はゆっくり走っていたように思う。 
同時に女王のお車ものろのろ走っていたように覚えている。 
両車の間隔は多分数メートル位の距離。 

あっという間の出来事だったが、
女王の生身のお顔を至近距離で拝見できて、
とても幸せな気分になった。 

そして、その時思いましたね~。 
この女王はきっと国民の皆さんに愛されていると。 
その感覚的なものは理屈ではない。 肌で感じるもの。 
そういう意味で我々グループのLondon入りは
必然を伴う偶然で、いいスタートだった。

翌日真っ赤に塗られた2階立ての専用観光バスで、
Buckingham 宮殿にもお邪魔したが、
その前の道路も、歩道は人ごみでいっぱいで、
宮殿に近ずくことも叶わなかった。 
だからBuckingham宮殿の写真はまともなものが一枚も撮れず。 

http://www.geocities.jp/yurikoariki/film_1.html (哀愁)

Queen Elizabethに乗船の旅 [旅行の醍醐味、あなたならどちらへ?]

https://www.youtube.com/watch?v=oyya3uUJmXY



Queen Elizabethに乗船の旅 2015/5/3(Sun)~2015/5/10(Sun)

Table no. 363 – それがBritannia Restaurantでの指定席のテーブルだった。 

そう、Dinnerを取る時のテーブルは決められていた。 
当然その席のサーヴしてくれる人々も、担当が決まっていた。 
飲み物の注文を聞きに来るソムリエ役の方は女性だった。 

でも同じテーブルでの誰もが、
ありふれたビールか銘柄を特定しないでワインを注文していたような気がする。 

乗船客が多いので(この航海番号QE505では1,960名だった)このBritannia Restaurantでは、
夕食は2回交代制で、 我々のグループは6:00pmの着席だった。

関空を出発して、三日目の5月5日Hamburg港よりQEに乗船。 

そのQEとは3代目との事。1代目がQueen Elizabethで、2代目がQueen Elizabeth 2, 
そしてこの3代目がまた元の名前に戻ってQueen Elizabeth。 
就航は2010年10月12日。 船籍は英国領のばバミューダ。 
総トン数は90,900トン。 全長294m。 巡航速度は21.7ノット。
乗客定員数は2,077人だから、ほぼ満席に近い乗客があった模様。 
我が部屋はベランダ付のDeck 4の40xx。 船の前の方だった。

Hamburg港で乗船手続後乗船。 
一旦船に乗れば、その後は下船するまでは、一切の支払いはcredit cardで決済。 
その為のクルーズ・カードを貰った。 
そのカードは乗船中、常時携帯するもので、船上のパスポートみたいなもの。 
手続時には、顔写真も撮られた。

乗船後、荷物を置いた後、すぐに全員参加の「避難訓練」がRoyal Court Theatreであった。 
という事は、その劇場は2,000名も収容できる大きさという事になる。 
各部屋にある救命胴衣を持参しての訓練だった。

それと、スーツ・ケースには、刃物類やアルコール類の同梱は禁止だった。 
乗客の安全と船内での持ち込み飲酒を防止する為だろう。 
同じルールは甲子園球場でも実施されている。 
球場には食べ物や飲み物を持ち込めず、
球場内の売店や売り子から買い求めるのがルールとなっている。

避難訓練が終わった後、最初に添乗員により、船内をすべて紹介された。 
一般客の行けないQueen’s Grill とPrincess GrillのあるDeck 11と、
グリルテラス客専用のDeck 12を除き、Deck 1 ~ Deck 10まで、くまなく見て回った。

Deck 1にはホテルのフロントに当たる、パーサーズ・オフィス。 
その反対側にはVoyage Sales Office。 
その真ん中にあるのが「Grand Lobby」。 
Grand LobbyはDeck 1~Deck 3までの吹き抜けになっていて、上品な仕上がり。 
そこでは、女性4人の弦楽playersによる生演奏が。。。。 (冒頭のYouTubeのvideo参照)

劇場であるRoyal Court Theatreは船の最先端にあり、
Deck 1 とDeck 2とBox席のあるDeck 3までここも吹き抜け。 
ここでは毎晩ショウがあるが、撮影は禁止。

ちなみに、Deck 1の各部屋にはベランダが無い模様。 
旅行後の感想では、ベランダ付の部屋は、
部屋から海と直接触れることが出来るので、
解放感もあり船外の景色等の撮影にも便利だけど、
ベランダが必ずしも必要ではなく、その分値段が相当安ければ、
ベランダなしの部屋でもたいした問題はないような印象だった。

Deck 2にはGolden Lion BarやEmpire Casino。 
中央にQueen’s Roomがあって、図書館に1階部分、
Caféカリンシアやベランダ・レストラン。 
Britannia Clubを左に見て、突き当りの船尾部分に
Britannia Restaurantの1階部分がある。 
我々のグループはこのDeck 2のレストランだったが、
Deck 3にもほぼ同じ広さで同じ名前のレストランがあるようす。 
レストランに入る時は必ず入り口で手を消毒する。

Deck 3にはショッピング・モールであるRoyal Arcade, Art Gallery,
船社Cunard関係の展示、mid-ship bar, card room, photo gallery,と
先程書いたBritannia Restaurantがある。

Deck 4 ~ Deck 8は、客室とlaundryとelevatorのみ。

Deck 9にはRoyal SpaやFitness Center, Hair Salon, Hydro Pool, 屋外のPool,
The Garden Lounge, バイキング形式のLido Restaurant (buffe)と、
テーマ・レストラン・エーリア。 最後尾に屋外のLido Poolと甲板。

その上のDeck 10には、コモドアー・クラブ、アドミラルズ・ラウンジ、チャーチルズ
シガー・ラウンジ、ヨット・クラブ、子供用のTeen AreaやKids Area.

Deck 11とDeck 12は、一般客はoff-limits。英語ではOut of Boundsと言うらしい。

それから、Deck 4には、非難用のboatsが16隻。

英文の船内新聞は毎日発行され、その抜粋の日本語版もある。 
その日のeventsは、その日の新聞に明記され、
その日のDress Codeもそこに書かれている。

他のCunard船のQueen VictoriaやQueen Mary2でも共通だが、
Queen Elizabethには「Dress Code」というものがある。 

日中はリラックスした服装でOKだけれど、18:00以降の服装は、
船社が指定するその日のDress Codeに合わせるのがルール。 
FormalとInformalがあり、目安としては、Formalは週に2~3回。 
最終航海日、寄港日。 Informalは乗船日、寄港日、停泊日、とある。

Formalの日には、男性は、タキシード、Dinner Jacket、ダーク・スーツにネクタイ。 
女性の場合は、Evening Dress, Cocktail Dress又は和服。 
日本人の和服はとても評判の様子。 
船長(の代理だったが)主催のWelcome Partyの時には、
あえてその和服がスピーチに取り上げられていた。 

https://www.youtube.com/watch?v=8lScOuI4P2o
(kimonoはもう立派な英語でもある様子)。

ちなみに、Informalの場合は、男性はJacket着用(ネクタイ無も可)。 
女性の場合は、cocktail dressか、スーツ、ワンピース、パンツスーツなど。

但し、リド・レストランやKing’s Courtでは、
夕食時もDress Code関係なく、casualな服装で食事が可能。 
しかし、ショートパンツやジーンズやTシャツなどは不可。

4日目の5月6日は終日crusing。 
朝食はゆっくり時間をかけて取ったものだから、昼になっても空腹感はなかった。

5日目の5月7日は、オランダのAmsterdam港に到着し上陸。

ここまでがHamburgで乗船~Amsterdamまでの、片道の航海の様子。
オランダでの観光を終えると、今度は来た航路をHamburg迄引き返した。













2003年にエジプトに行った時の記録を発見 [旅行の醍醐味、あなたならどちらへ?]



記憶が薄れぬうちに。。。    2003/12/22
初めてEgyptを訪問しました。
関空発のEgypt Airの直行便で
行きは約13時間半のflightだったと思います。

Cairo空港に到着して、まず驚いたのが、
まだタラップを使っていることでした。昔沖縄が日本に返還される
その前にpassportを持って沖縄へ行ったときはタラップでしたが。。。

帰国途中時に気が付いたのですが、
国際線のターミナルビルの小さいこと狭いこと。
免税店もとても小さく,酒タバコと化粧品は販売されてましたが、
その他はとても品揃えが少なく、買い物には困りました。

Egypt滞在中で一番困ったことは、
現地通貨の小額紙幣が手持ちにないと、トイレに行けないことでした。

その小額紙幣がなかなか手に入らない。
銀行やホテルの両替窓口でもなかなか手に入りにくかった。

相場とされる 2EgyptPoundsがないと、トイレの番人に文句を言われた。
Pillowに置く相場は3 E-Poundsで,それも1-Pound札が必要となる。
無ければ、5-Pounds紙幣を置くしかない。

Egyptを離れると使えない通貨故、
使い残しの無い様にしかも必要枚数を確保することに
かなりのェネルギーを使いました。
(必要な時に必要な枚数がなかなか確保できないからです)

3つめの都市Aswanのホテルには両替の機能もありませんでした。
教えてもらったそのホテルの近くの銀行は
なんと夜の七時から八時45分までしかopenしてなく、
ホテルのフロントで窮状を訴えて
やっと20-Pounds札のみ入手できたと言うありさまでした。

Cairoではバザールに連れて行ってもらいましたが、
まあEgyptで買い物をしようにも欲しいなと思うものは
ほとんどありませんでしたね。
金があれば絹の手編みの絨毯を欲しかったのですが、
値段が手の出る範囲をかなり超えてました。

一番印象的だったことのひとつは、Cairoの交通事情。
無秩序の秩序とでも言いますか、和泉ナンバー顔負けの運転でしたね。

2車線のところを3列で走るし、皆我先にワガママに走っている。
あれで事故が起きないほうがむしろ不思議ですね。
日本であんな運転の仕方をすれば、いたるところで喧嘩になる。
ところが彼らは喧嘩しないんですね。不思議と。 
無秩序自体が秩序となっている、変な感じでした。

LuxorからAswanまでは小型のバスで陸を走りました。
以前に行かれた方から聞いてましたが、
警察の護衛が前後について走ってくれるんですね。
後ろの車に何人乗っていたのかは見てませんが、
前の先導車には数人の警官が乗っていました。

我々のバスには銃を持った軍隊の人が一人同乗してくれました。
制服で区別がつくのです。
以前に日本人射殺事件があったその再発防止の為です。

Egyptには産業はほとんど無く、観光と農業が主たる収入源故、
彼らとしては必死なのでしょうね。
なんども射殺事件が発生すると国の収入に多大な影響を及ぼすので。 
走り方も尋常ではなかったですね。
常時前の先導車にピッタリとくっついて時速100キロくらいで走るのですから。 
驚きましたと言うより怖かったですね。

ひとつ特筆しておきたいのは、
Egypt人は日本人に対してとても友好的だなという印象を強く受けました。
彼らは(特に子供たちは)素朴で明るく、
観光地で多くの子供たちのグループと出くわしましたが、
とても多くの子供たちにも声をかけてもらえました。

HelloとかHiとかHow are you?とかWhat is your name?とか。
日本人だとわかると寄ってくるのです。 それも好意を持って。
あちこちで多くの子供たちに囲まれました。 

現地では日本人よりもイタリヤ人の団体だとか、
フランス人の団体だとかが、多かったように思います。
ドイツ人の団体もチラホラでしたが,
それら他国の観光客にそのような声をかけているのは見ませんでした。

大人の連中で日本人に声をかけてくるのは、
皆自分の商売のためですが、日本語で言い寄って着ましたね。
ほとんど相手にはしませんでしたが。

観光国のためか、日本語のうまい人も何人も出くわしましたね。
現地ガイドの方はCairo大学の日本語学科卒業と聞きました。 

絨毯製造学校で案内してくれた人も同じCairo大学の
日本語学科卒業生とのことで,以前は積水化学のCairoのplantで
働いていたとのことでした。 他にも、大理石加工業者のownerも
かなりのうまい日本語でしたし、
パピルスを売る店の実演者も日本語で説明してくれました。 
概して日本語はだめと言う人でも、英語は通じるようでした。
人によりその程度はありましたが。

前述のことはさておき、ギザのピラミッドへ行ってきました。
クフ王のピラミッドには入れませんでしたが
他のピラミッドの中に入って来ました。

ももの筋肉が2日間ほど痛かったけど、良い経験でした。
Abu Simbelのあのデカイ大神殿にはもう感動感動。
一度は見ておきたかったので。。。

でも、一番圧倒されたのは、
Luxorのあのカルナック神殿のすごさでしたね。さすが世界遺産。

その他船上レストランでのベリーダンス、
ヌビア人の帆掛け舟でナイル川での舟遊び等々、楽しかった。
でも最後の日に食べたものが原因で帰国後4日以上、下痢で悩まされました。












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

運河の街アムステルダムご紹介の第二弾 [旅行の醍醐味、あなたならどちらへ?]



最初のアムステルダム紹介ビデオの
その続編がこのビデオ。

至る所に運河のあるこの町には
至る所に自転車専用道路がある。

歩道に沿って作られているが、
歩行者はそこを走る自転車には要注意とのこと。

ガイドさんの説明では、
歩行者が自転車専用道路で自転車とぶつかった場合、
歩行者にその非があり
自転車乗りに賠償請求をされる場合がある模様。

それと、実際に止めてあった自転車を見ながら説明を受けたが
オランダの自転車には日本の自転車のように「ブレーキがない」!
だから、人が自転車とぶつかった場合、
大きな事故にもなりかねない。

あんな狭いオランダの街でも、至る所に自転車専用道路がある。
多分工夫をして自転車専用道路の空間を捻出しているのだろう。
空間の広い日本の場合、本気になれば、
都会の至る所に自転車専用道路を作ることは可能。
それをやらないのは、本気度が低いからでは?
私企業でない日本のおおやけは、
それ程熱心ではないことがよく分かる。
住民の意識も低いからなのだろうけどね。

自転車に後ろから追突された経験のある私だから、
その必要性がよく分かる。

最近は自転車にも取締りがなされているようだけど、
完璧に目が届く訳がない。
おざなりに地方行政をやるのでなく、
市民の安全確保には知恵を出してもらいたい。














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

運河が至る所にある美しい街、アムステルダム [旅行の醍醐味、あなたならどちらへ?]



過去に、オランダのスキポール空港には
少なくとも2度ランディングした記憶があるが
オランダという国の国内に入ったことはない。

今回初めてアムステルダムを訪問。
それも、空からではなく、海から。
ドイツのハンブルグから船に乗って
北海をクルーズして、
アムステルダムへ。

アムステルダムは運河の街。
至る所に運河がある。
そんな特徴を持つその街を
専用バスの中からビデオに収めた。
その第一弾がこれ。

この続きはまた後で。

美しい街だと思いましたね。














nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アメリカ西海岸の旅の思い出 [旅行の醍醐味、あなたならどちらへ?]



ここに出てくる一枚一枚の写真は、
以前にYouTubeをやりだした頃に
すでに単体でUPしたものばかり。

でも、今回はそれらをテーマごとに集めて
ひとつの一連のスライドにやり変えたもの。

この段階になって、やっとスライドショウの
その作り方が分かったような気がする。

この第一段は2014年4月のアメリカ西海岸を
ぐるっとツアーで回った時のもの。

霧のSan Franciscoから入り、
Yosemite公園に立ち寄り、
Grand Canyonを堪能し、
Las Vegasではslot machineをやり、
曇った空のCaliforniaでは
Hollywoodにあるあの有名な
Marilyn Monroeがもと住んでいた家の建物も見て、
アカデミー賞の授賞式の会場となる
Dolby Theatreやスターたちの手形・足型のある
Chinese Theatreなどへも訪れた。
でもUniversal Studiaに訪れる機会はなかった。














海外旅行はいと楽しい [旅行の醍醐味、あなたならどちらへ?]

日本人は恵まれた国民で、海外旅行の経験のない人は、
今やかなりの少数派だろう。 
昨今は子供ずれで出かける家族も多く、
小さな子供でも、何度も海外旅行の経験があるというのも、
少なくないようだ。 
数回以上の海外旅行経験者は極普通で、
中には、年に十回以上出かけるという恵まれた人もいる。 
そういう人は、時間も自由になり、体力に問題がなく、
金銭的にも融通の利く人たちだが、現実にいる。 

旅の目的は、人それぞれだろうが、
私のように世界遺産を巡る旅は、人気のある部類だろう。 
その国に始めて訪れる場合は、
やはりその国で第一に見るべきものを見に行く
というのが自然なことだと思う。

個人的な意見を言わせて頂くと、
私はイタリアがとても好きだ。 
「ローマは、一日にして成らず」と言われるように、
イタリアには歴史が感じられる。 
イタリアのあちこちが、どこもとても興味深い。

最初に感動したのは2001年に始めて訪れた、
バチカンのサン・ピエトロ寺院。 
入場料が無料だったのが良かった、のではない。 
あの、寺院の内部の、言葉で表すことの出来なかった、
その強烈な印象と感動は、とても写真ででも、
感じたそのままを、捕らえることは出来ない。 
まさにその現場に居合わせることの出来る人にしか伝わらない、
あの筆舌に尽くしがたい得体の知れない感覚。 
あれは何だったのだろう。 
ヨーロッパ旅行は、その時が初めてで、
いきなり、本物の凄さに遭遇した。 
美術の教科書などに出てきたプロが撮った写真でも感じられない、
目の前にある本物の持つ迫力。 
ミケランジェロの偉大さなどには、
掛け値なしで脱帽した。 
世界が長年に渡って評価するものには、
やはりその価値に値するものが潜んでいる。

それまでは度々、海外からの訪問客を連れて、
京都の金閣寺や清水寺や竜安寺などなどを訪問し、
彼等に胸を張って紹介し、
日本の自慢のものだと思っていたが、
そのそれまでの自分の脳裏にあったそのイメージが、
そのバチカン訪問を機に、完全に違ったものになった。 
日本が誇りとする種類のものとはどこか違う、
異質の何かが感じられた。

ローマの街は、街そのものが、
美術館や博物館みたいなものだと思う。 
長年のローマの歴史が作り上げた、
自然の屋外の歴史博物館。 
コロセウムの前には、
古代の騎士の装束に身をまとった、モデル商売人までいた。 
街の魅力は、世界中から多くの観光客を引き寄せ、
その種のモデル商売でも継続して成り立つのだろう。 
観光して回るところは、ローマにはとても多い。 
いくらでも、楽しく遊べる街だ。 
「ローマの休日」のロケ地を巡るのも楽しい。 
トレヴィの泉には、後ろを向いて、5円玉をほり込んで来た。 
けちだからではない。 
また「ご縁」があることを願ってのことだ。 
冬場のスペイン広場は、ちょっと殺風景で、
閑散としていたけれど、
オードリー・ヘップバーンが、映画の中でやったように、
イタリア人が好きなジェラートでも食べながら、
その階段の地を楽しむのもいい。 
階段下の右手には、タクシー乗り場があった。 
観光の名所だからだろう。 
その乗り場に客待ちのタクシーは何台もあった。 
そこからタクシーに乗り、真実の口のある寺院に向かった。 
そこでの、その映画のシーンも印象的だったから。。。。。

人の好みはいろいろだろうとは思うけれど、
Romaはおすすめ。 是非、ゆっくり時間をかけて
そこでの滞在を楽しんで頂きたい。



旅行の醍醐味、あなたならどちらへ? ブログトップ