So-net無料ブログ作成
検索選択
Visit my YouTube: https://www.youtube.com/user/NickEcrivain
最初からすべてを語るべからず ブログトップ

謎は好奇心を刺激する [最初からすべてを語るべからず]

人は不思議なもので、自分の知らない「不思議なこと」に出くわすと、
俄然、知的好奇心が刺激される。 特に我々日本人には、
その傾向が強いのではないかと想像する。

「何の前触れもなく、ある日突然、シュメール文明は始まった」とか、
「彼等は、歴史の舞台から忽然と姿を消す」とか
書かれているのを発見すると、
「それは一体どういうことなのか?」と、
疑問が無意識に下から突き上げるようにこみ上げてくる。

歴史自体は、
大筋でその当時の現実を「当たらずとも遠からず」
捉えている場合も少なくないのかも知れないけれど、
古い昔の話が、ありのままに、そのまま正確に伝えられている
とは考えにくい。 

錯誤も間違いも取り混ぜていろいろあるに違いない。 
諸説を完璧に裏付けられる、完璧に否定できない論拠が
ある場合は別として、歴史の記述はそれ自体怪しいもので、
誰かの作り話である場合も多く、無条件には鵜呑みにできない。 
大抵は、どこかに、その話の中身に瑕疵があるはずだ。 
完璧な否定できない事実が、そのまま書かれているとは
どうしても思えない。 

歴史家とは後世に存在する過去の物語の語り部で、
その当時の現場に居合わせた真実の報道官ではない。 
中には、史実も入っているかなという程度の認識で
参考に読めば良い。 

だけど、よくわからない不思議なことには、
目を見開いて注目したくもなる。 
それが、とても大事だと思われるその事がよくわからないから、
余計に興味を集中することになる。 
わかってしまうと、なあ~ンだということになるかも知れないけれど、
わからない内は、わかろうとする情熱がこみ上げてくる。 
その探求心が未知の世界を広げてくれる。

人間関係の男女関係もまた然り。
最初からすべてをさらけ出すと、好奇心がすぐに失せる。
だから、少しずつ、徐々に相手に知ってもらうのがいい。
常に、未知の謎の部分を残しておくと、
相手から見れば、興味や関心が持続し損なわれることはない。
そんな話も、またの機会にしよう。



最初からすべてを語るべからず ブログトップ