So-net無料ブログ作成
Visit my YouTube: https://www.youtube.com/user/NickEcrivain
グループに属し、個人の顔を前面に出さない ブログトップ

日本人は、世界の異端児 [グループに属し、個人の顔を前面に出さない]

日本人ほど「集団」を活動の単位にする人種も珍しい。 
それは有史以来、稲作を中心とする農耕民族であったため、
皆が同じ時期に、同じ農作業を協同する生活形態が、
身に付いた為だろう。 狩猟民族にはない行動様式だ。

永年身に染み付いているその無意識の生活様式が、
生まれながらにして、「仲間と群れる」ことに抵抗なくさせる。 
その集まりを基礎に、成人後も集団で行動する。 
それが一般の日本人の行動様式。

自分一人で、何かをやらかすというのは、スポーツ選手、
芸術家、歌手、タレント業などのように、
個人で大金を稼ぐことの出来る可能性のある分野のみ。 
一匹オオカミが生存できる世界は、どれも厳しく例外的だ。

我々の姿は、いわば、いわしやアジのような小型サイズの魚が、
彼等をえさとする食物連鎖の餌食になることから、
我が身を守る為に集団行動を取るのと、どこか似ているようである。 

集団でないと何も出来ないと言うか、
個人が責任を取らない形態になっている分野は多い。 
皆で協議して、皆で決める。 
その民主主義的なやり方で、不都合の発生し得る独裁とは違って、
理想的に聞こえるが、それは、実際には一番無責任なやり方。 

だから、日本の政治家も行政に携わる連中も、
まずい結果になっても、誰も責任を取らない。 
ある意味で、無責任社会。 
一般の私企業ではあり得ないこと。 

そのように「集団」で話し合い、決定し、行動する形態では、
お互いにいがみあっていては何も出来ないので、
どこか現実的なところで「折り合いをつける」ということをする。 
つまり「和を持って尊しとする」という精神が必然の帰結となる。 
我々の世界では、そのやり方が日常的に認められ、現実に行われている。 

しかし、その「和を尊ぶ」精神は、どちらかと言えば、
「口角沫を飛ばす」という事態を招かない。 
どこか、適当なところで落ち着かせるのが得意で、
「とことん議論する」という事がない。 
だから、日本人は概して、論争下手。 
納得の行くまで、とことん話し合うという習慣がない。 
また、その話し合いグループの中で、
他に影響を与えかねない有力者がおれば、
その人の意見に、右へ習えすることも少なくない。 
何が何でも、自分の意見を通す心意気のある人は
めったにお目にかからない。 それも、農耕型民族の特徴のようだ。

だから、場合によっては、
その中身に義憤を感じたりする場合も出てくることもあるが、
自分がその場を統括すべき責任者でもない限り、
積極的な関与は望めない。 
すべては他人任せになる。 
譲れないことが、もしあるとすれば、
それは自分が直接関わらざるを得ないこと。 
自分の利益への関心だけが作用し、
それ以外では、関与を薄くし勝ちになる

グループに属し、個人の顔を前面に出さない ブログトップ