So-net無料ブログ作成
Visit my YouTube: https://www.youtube.com/user/NickEcrivain
世界は多様 ブログトップ
前の10件 | -

あなたは神を信じますか?と聞かれる事がある。 [世界は多様]

昨日近所の図書館に行った。

目指す本が見当たらなかったが、
ふと手にしたのが「隠されたヨーロッパの血の歴史」
副題は、「ミケランジェロとメディチ家の裏側」
評論家副島隆彦氏の本だ。

目を通していて、最初に目についたのが
「ローマ・カトリック教会は大嘘つきだ」との事。

それは昔から言われる「性悪説」と同じ事。

ローマ教会は「人間はすべて罪人として生まれている。
人はすべて罪を背負ってこの世に生きている。だから
その罪を死ぬまで償い続けなければいけない。
人間の罪を贖う、贖罪する為にキリストが死んだのだ」とする。
「これがローマ・カトリック教会の教えだ。
これが巨大な嘘であり、諸悪の根源だ」、とある。

更に、「真実とは何か」とある。
「人間がこの世に生まれてきて生きているという事は、
罪悪ではない、罪ではない、という事だ」とある。
「だから、人間は、自分の生と生活を思い切り楽しく、
嬉しく生きていいのだ。これが真実だ」とある。

また更に、「人間に生そのものを罪深いものとして決めつけ、
だから生涯を賭けて、その罪を償い、贖い続けなければいけない、と
ローマ教会は教え続けた。人間の生そのものを罪悪にしてしまったら、
この世は生き地獄と化す。そしてまさしく、生き地獄にしてしまった。
人間を宗教の奴隷にしてしまった」とある。

日々の人生を特定の宗教に影響されていない一般の普通の日本人からすれば、
例えばキリスト教やイスラム教など、「神を信じる」人々の世界の事は
一般的にはとても分かりにくい。

我々一般の日本人は、いわば「性善説」に類する観念の世界に生きている。
「悪い事をしないのがふつう」で、悪い奴はつまみはじかれるまともな世界。

だから、欧米や中近東等の、宗教に支配された世界の人々の事が分かりにくい。

宗教の何たるかをテーマに話し合う機会のほぼない我々だが、
他国との関わりを持たなければならない人々なら、
多少は、彼らの宗教観などについてすこしは勉強しておく必要を感じる。

個人レベルでは、「あなたは神を信じますか」という趣旨の質問を
時々受けるのが現実だから。









nice!(0)  コメント(0) 

中国産の食品は、食品に非ず! [世界は多様]

https://a.msn.com/ja-jp/news/opinion/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E3%82%82%E3%80%8C%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%AF%E5%B7%A5%E6%A5%AD%E7%94%A8%E3%81%A0%E3%80%8D%E3%81%A8%E7%B5%B6%E5%8F%A5%E3%80%82%E6%88%A6%E6%85%84%E3%81%AE%E3%80%8C%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%83%8A%E3%82%AE%E3%80%8D/ar-BBGkxD0?ocid=oa-cinqueter014#page=2

中国産の食い物は「食用」とは見なしていないので、
食べる事は絶対にない。

どれが安全なのか、仮に安全なものがあっても、
消費者は事実関係を判断できない。
確かな裏付けが取れないので、そういう結論になる。

食い物に猛毒を平気で使う、
それが悪名高い中国人だ。

自業自得だろう。

消費者の立場としては、
中国産と明記されているものを口にするのは
完全に「自己責任」。

毒などは気にしませんよという人を、止める事は出来ない。

でもそんな危険を知らない人が仮にいるとしたら、
そういう方には気付いて欲しいと思う。

中国人でさえ、中国製のものを全く信用していないという事を聞くが、
押して知るべきだろうと思う。

中国では、自分と自分の身内や仲間内の事は大事にするが
他人の事はどうでもいいらしい。

自分に利益があれば、他人に毒を持っても平然と出来る人種と言われるが
私は、それを「人種」とは呼ばない。 人種に属する資格がない。
















nice!(0)  コメント(0) 

グルジアという国。 英語ではGeorgiaと言うらしい。 [世界は多様]

「グルジア」

グルジアという国。 英語ではGeorgiaと言うらしい。
一般の日本人には、あまり馴染の無い国だ。

場所は黒海の東、黒海とカスピ海の間に位置する。

歴史上有名な、あのスターリンがこの地の出身であることは、
知る人ぞ知ることだろう。

ソビエト連邦の外務大臣を務めたシュワルナゼもここの出身の模様で
彼はのちにグルジアの大統領も務めたとの記載がある。

この国の歴史を見ると、長くロシア帝国とその後に成立したソビエト連邦の支配が続いた
との説明があり、そのことから、独立後はロシアとの対立路線を取ることが多い模様。

ロシアに攻め込まれたというNEWSは、まだ記憶に新しい。
多分これだろう:
参考:(2008年8月 ジョージア軍と南オセチア軍の軍事衝突にロシアが介入。
ロシアは南オセチア及びアブハジアの独立を一方的に承認)

私のこの国に関する認識は、そのNEWSから始まっていて、
それ以前は、その存在自体も知らなかった。
それほど私にとっては未知の領域の話だ。

「東西南北の諸文明・諸文化が行き来していたグルジアには、
様々な民族が居住している」と言う説明を見つけた。
http://georgianavi.com/religion.html

東西文明の十字路と言われるトルコと類似点がある様だ。
トルコ人と言っても様々なのは、現地に行けばよく分かる。
私には、どれがトルコ人なのか、見分けがつかない。

外務省の資料では、面積は日本の約5分の1。 人口は2016年で400万人。
こじんまりした国の様だ。

そして:民族区分では、
グルジア系が86.8%で大半を占めるが、その他アゼルバイジャン系が6.2%
アルメニア系が4.5% ロシア系が0.7% オセチア系が0.4%とある (出典2014の国勢調査)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/georgia/data.html

ほぼ単一民族と言われる我が国と異なり、
少なくとも5種類以上の人種により構成されている。

それと、言語も宗教も多彩な模様:
http://georgianavi.com/religion.html

なぜこんなことを書いているのか、不思議に思われるかも知れない。
でも、人が何かの行動を起こす場合は、それなりにきっかけとか動機とか
何かの理由がある。

私の場合は、不思議な事に、極最近その国の方と知り合いになった事が原因だ。

見たこともない異国の文化に触れる事が出来る好機の到来かも!
異文化に好奇心を持つ私には、新鮮なテーマのそのFIRST PAGEをめくる心境。

モスクワ経由の飛行ルートでツアーも販売されているみたいだし、
日本人の旅行記を見た限りでは、物価もお安い様子。
英語がまだそんなに通じないとの事だから、
そんな今の内が訪問のチャンスかも。

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』














nice!(0)  コメント(0) 

やみつきになる海外旅行 [世界は多様]

https://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e4%b8%96%e7%95%8c%ef%bc%95%ef%bc%90%e3%81%8b%e5%9b%bd%e3%82%92%e6%97%85%e3%81%97%e3%81%a6%e3%82%8f%e3%81%8b%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%80%81%e3%80%8c%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e5%b8%b8%e8%ad%98%e3%81%af%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%ae%e9%9d%9e%e5%b8%b8%e8%ad%98%e3%80%8d%e3%81%aa%e3%81%93%e3%81%a8%ef%bc%91%ef%bc%90%e9%81%b8%e3%80%90%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e4%b8%8d%e6%80%9d%e8%ad%b0%e3%80%91/ar-AAu3pKs?ocid=oa-cinqueter014#page=2

そうなんですよね~。 

「自分の目で」発見して、その面白さに気付くのですよね~!

異国を旅して初めて分かる「自分の事」「自分の国の事」

だから、またどこか、知らない国を訪れたいという衝動に駆られるのですね。

ツアーに加わると、一緒に行かれる方々は、
大抵いろんな国に既に行っておられる。

十か国~二十か国以上訪問済の方が多い。

中には、世界中行った事のない国がないという方にもお目にかかった。
其の方は70代の高齢者でしたけど。

「行き出すと、やみつきになる、異国旅」

さて、次はどこに行こうかな?



国内&海外ホテル予約『トリバゴ』












国内最大級の個人向けレンタルサーバー『ロリポップ!レンタルサーバー』は、

月額100円(税抜)~で容量最大400GB!しかも安いだけじゃなく
大人気WordPressの簡単インストール/ウェブメーラーなど
機能も満載!共有/独自SSLもバッチリ対応でセキュリティ対策も万全!

もちろん、オンラインマニュアルやライブチャットなど、

充実したサポートで初心者の方でも安心です。

無料のお試し期間が10日間ありますので、

まずはお気軽にご利用してみてくださいね!


▼ロリポップ!レンタルサーバーはこちら


nice!(0)  コメント(0) 

「生ぬるいビール」を飲むのは中国だけではない [世界は多様]

http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%81%a7%e3%81%af%e3%80%8c%e7%94%9f%e3%81%ac%e3%82%8b%e3%81%84%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%80%8d%e3%80%8c%e5%86%b7%e3%82%81%e3%81%9f%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%80%8d%e3%81%8c%e6%99%ae%e9%80%9a%e3%81%aa%e7%90%86%e7%94%b1/ar-AAtc4Ds?ocid=oa-cinqueter014#page=2

私は日本人だから「キンキンに冷えたビール」を好む!

何年も前に初めてビールの本場と言われるミュンヘンに行った時、
その「日本人の常識」が打ちのめされた、嫌な記憶が脳裏に蘇る。

本場のビールは、さぞかしおいしいだろうと期待していたら、
「ぬるい」温度の、訳の分からないビールが出てきた。
現実は「体験」してみないと分からないものだ。

ただし、ミュンヘンのビールがすべて「ぬるい」のかどうかは知らない。

その後、ハンブルグを含めて、ドイツ国内の地方都市を訪問したが
レストランでビールを注文する場合は必ず「冷えている」のか否か
注文する前に、店員に確認する癖がついてしまった。
でもどこの都市でもビールは冷やされていた。

先日歴訪した北欧3国でも、何処でもビールは冷やされていた。
我々の感覚で言えば普通の国々だ。

それなら、あの「ミュンヘン」のビールは何だったのだろうか?

そう思っていると、この中国に関する記事を発見。
中国ではビールは「生ぬるい」とのこと。

人種が違えば、嗜好も違うのか。

昔何度かHong Kongで飲んだビールは冷やされていた。
ブランドはタイでも飲んだ事のあるサンミゲルだったと思う。
Hong Kong人はその発音をSend me a galと言ってたので記憶にある。

ちなみに、Hong Kong人は、自らを中国人ではないと、
明確に中国人と区別している人が多い様に思われる。
現実に昔、彼らが持っていたpassportはBritishだったし、
制度や人柄の全く違う中国と同じ扱いはされたくないのかも知れない。

私の知るHong Kong人は例外なく「紳士」だったし、
センスや思考回路も国際的に通用する人々だった。

反日を叫ぶ閉ざされた社会空間に生きる漢民族は異様だ。


国内&海外ホテル予約『トリバゴ』


A8.netの申し込みページはこちら



























nice!(0)  コメント(0) 

手抜きの仕事は命取りになる。 [世界は多様]

http://www.huffingtonpost.jp/2014/06/20/kono-statement_n_5514122.html

政治決着のみを目的とした、
事実関係の裏付けを取らなかった
日韓両国による事前の打ち合わせにより
文章を共同作成した、恣意的な作文。
それが「河野談話」の様だ。

そういう事情だったっから、
両国で対外的には「非公表」が合意されていた様子。

そんな中身だから、政府は見直しなどできないので
「見直しをしない」と表明したのであろう。
そう考えれば、辻褄が合ってくる。

http://www.huffingtonpost.jp/kan-kimura/comfort-women-issue_b_5074477.html
この記事にもあるように
「とりあえず謝っておけばどうにかなるだろう」式の
日本式の適当な発想で安易に考えてやったのであろう。
今振り返れば、幼稚過ぎる。

当時は韓国や韓国人の事情など、無知であった事がうかがえる。

この過去の過ちの事例は反省を促してくれる好材料だ。

インターネットがこんなに発達した現在では、
こんなおろかな事は起こりにくい筈。

我々はいながらにして大抵何でも
いと簡単に知る事が出来る時代だから。

当時韓国人の何たるかを知っておれば、
まさかこんなへまはしなかっただろうと思う。

一番不名誉なのは、そうした事実を素直に認めない
そういう態度が国益に対し、どれだけ害毒となってきたか
そんな事を認める事も出来ないから今の現状があるのだろう。
お粗末過ぎる!!

http://ironna.jp/article/458













nice!(0)  コメント(0) 

旅は自分発見の為に役立つもの [世界は多様]

私は所謂「欧米崇拝型」の人間ではない。

ただ欧州で私の興味に訴えかけて来るのは、
そこの持つ過去の歴史とその歴史上の文化。
見るべきものは少なくない。

そうした古いものには、関心が持てる。

歴史の浅い米国に関しては、別の意味で、
そうした古い伝統に基図かない部分でも
興味の対象になる文化がある。

他国の文化や歴史を知る事は、
それらと比較して、自国を知る事に通じる。

レンズを通して見た映像や、
人の記述による情報では、
その本当の所が、なかなか分かり難い。

物事の現実を有りのままに知ろうと思えば、
その現場に自分で赴いて、
自分の確かな眼で直視するしかない。

そこに見出すものは、大抵は、
自分がそれまでに思い浮かべていた想像とは
乖離するものだという事が分かる。

そうした現場で得た自分による直接の情報をもとに言えば、
「ああ~、日本は良い国なんだ!」という事に帰結する。

すべてがそうだとは言えないけれど、少なくとも、
「私は日本で日本人に生まれて良かった!」と思う。

でも、その良さは、多様な世界を色々見聞して
それらと比較して分かる事で、
日本の世界に閉じこもっていては分からない。

だから、感受性の豊かな若い間に、
世界を出来るだけ多く見て欲しいと思う。

文化の中には、文化の中心となる「人間」が含まれている。
人間ほど興味の尽きないものはない。

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』












nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ヴェルサイユ宮殿には「トイレはない」 [世界は多様]

ヴェルサイユ宮殿には「トイレはない」

そんな話は昔からよく聞く話。
ベルサイユには2度訪れたが、
2回共、随分前の事だったので、
それがホントであったか否か、記憶にはない。

でも、今回訪れた「北欧のベルサイユ」と言われる
ストックホルムのドロットニングホルム宮殿には、
宮殿に入る前の大きな池の前の庭部分に、
観光客用のトイレが用意されていた。
そんな時、ほっとするのは私だけろうか?

海外旅行中は、私はトイレの事が気になる。

ストックホルムの街の観光時、
現地在住の日本人のガイドさんの説明によれば、
ストックホルムの街にはトイレは少なく
あっても有料の場合がまれでない模様。

日本で生活している限り、
トイレの心配をすることはまずない。

長い時間トイレにいけない事が予測される場合は、
お出かけ前に必ずトイレに行くし、
電車に乗れば、各駅に必ずトイレはあるし、
デパートやスーパーやコンビニにもトイレはある。

だから「今」行かないと、かなりの時間の間
行けないという心配はまずない。

所が団体で海外旅行をすると、
行く先々でトイレを確保するのは
添乗員の大事な仕事の様に見える。

だから街中のレストランに入った場合は
必ず用足しを喚起されるし、
バスで長距離を移動する場合も、
停車する所で喚起される。

有料の場合は、
必要とされるコインを持っていないと困る事になる。

日本と違って、外国には有料の場合も少なくない。
そんな印象があるので注意が必要。












nice!(0)  コメント(0) 

私はRACISTではないけれど~ [世界は多様]

一般に現在の日本の社会の中では、
他国との比較で、
人種差別主義の問題は、殆ど問題にならない。

それは、日本の社会が、殆ど日本人のみで構成されているから。

日常の日本国内における生活環境の中で、
日本人以外の異人種とかかわる環境にないから、
そんな事は思いもしない。

所が、その日常を離れ、例えば他国に旅行に出かけたりしたら、
行先のその時の事情により話は変わって来る場合がある。

つまり、日本国内にいる時の生活環境とは異なる環境に身を置くと、
例えば、日本では当たり前の順番待ちの列を作ると言うのも
当たり前でなくなる場合がある。

そんな事情を知らなかった頃、あっけにとられた事もある。
乗り継ぎの空港での事。 皆が列を作り並んでいるのを無視して、
その家族らしき数人が臆面もなく一番前に割り込んだ。
あれはHong Kongの空港だった。

今回の経験は、Bangkokの空港の売店のレジでの事、
同じように後から来た複数の人が私たちの前に割り込んで来た。

そういう事をする連中を見ると、とても腹が立つ!
私は「切れる老人」ではないけれど、無性に腹が立つ!

当然彼らは日本語の通じない連中。 
ひょっとしたら英語でさえも通じないかも。

外見はアジア系の黄色人種だけども、
日本人の我々には、
彼らが日本人でないことは大抵容易に判別がつく。
人ごみの中でも周りに構わず大声で話す習性があるから
迷惑極まりない。

そういう連中は差別されても仕方がない。 
それは、皮膚の色の差異による差別ではない。
宗教の違いに基ずくものでも無い。
「行動」の差異に基ずく差別で、その差別に理があると思う。

もう少しで、大声で怒鳴りそうになった私だったが、
ぐっとその込み上げる思いを飲み込んだ。














nice!(0)  コメント(0) 

韓国の正体 [世界は多様]

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM19H2S_Z10C17A7EAF000/?n_cid=NMAIL002

日本人なら信じられない事だけれど、
約束という言葉に意味のない国、それが韓国。

約束は単なる言葉の羅列でしかない韓国。

これでかの国がどんな国なのかよく分かったと思う。

まともに相手に出来ない国に間違いない!

でもね、国民の個人レベルでは、
真面ないい人もいるのだけれどね~















前の10件 | - 世界は多様 ブログトップ