So-net無料ブログ作成
検索選択
Visit my YouTube: https://www.youtube.com/user/NickEcrivain

日光の「神橋} [blog]

https://youtu.be/9cqtct9WBuM

日光の東照宮を目指す時、
最初に遭遇するのがこの「神橋」。
「しんきょう」と読む。

人によって、その印象は違うだろうけれど、
私にとっては、関心を示さず通り過ぎる事が可能ではなかった。

神の存在をそこに感じた訳でもないが、
何か言葉ではいい表せないものを感じた感じが印象に残っている。

その橋を渡るには、神様以外は、有料だったので
ただこのようにその時の記録をビデオに収めただけ。

美的感覚でものを言っても、私には、とても美しい橋だった。

ぞの現実を、このビデオでご覧あれ。
















富士山は日本の象徴 [blog]

https://youtu.be/K9SvRX0Rhsg

日本人にとって、富士山は、ありふれたもの。
そんな感じがするように、私には思える。

つまり、今更「特別な存在」という意識がない。

所が、その本物を自分の目で直接見たら、
印象が全く違ったものになる!

Oh ! 我が富士山! 素敵! 素晴らしい!
そんな声が聞こえてきそうな気がする。

現実に、富士山を目の前にしたら。
そんなものには興味がないという御仁が存在し得るのか
疑問符が灯る。

今回の東京大阪の行き返りで、
幸運にも2度もその雄姿を拝見する事が出来た。
これは関空発の羽田行の朝の便で撮る事が出来たもの。

撮ったフィルムは素人丸出しだけど、
その対象の富士山は雄大そのもの。

日本の象徴として、その存在に息を飲む。



















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

天皇誕生日の参賀を撮る [blog]

https://youtu.be/MdpwzVYUv1Q

2016/12/23の天皇誕生日の朝、
その日の参賀の為に
関空発羽田向けの便に飛び乗った。

8時過ぎの便だったのに、
出発前の段階で羽田上空の混雑の為、
出発は20~30分遅れた。

羽田には20分位遅れて到着した。
すぐさま、モノレールに飛び乗り東京駅へ向かった。

東京駅から二重橋へ向かい
その二重橋を渡る辺りから撮ったのがこのビデオ。

この日2度目の11:00の天皇のスピーチに何とか間に合った。

荷物を沢山持っていたので、
それと既に大勢の人々が到着していたので、
上手く撮れなかったが、
その時の雰囲気は伝わるかなと思います。












空から見た「富士山」の魅力 [blog]

https://youtu.be/K9SvRX0Rhsg

2016/12/23の天皇誕生日の朝、
その日の参賀の為に
関空発羽田向けの便に飛び乗った。

8時過ぎの便だったのに、
出発前の段階で羽田上空の混雑の為、
出発は20~30分遅れた。

幸運にもその時のフライトで、
この様な「富士山」を窓から見る事が出来た。

座席は通路側だったので、
撮影結果は満足のいくものではないが、
富士山のその何とも言えぬ美しさが
その技巧の足らなさをカバーしてくれている。

富士山、有難う!
日本の誇りです。
















中国の軍拡は進む [国防]

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM25H2K_V21C16A2FF8000/?n_cid=NMAIL001

この記事を読んであなたは何を思うだろうか?

日本人の多くは、この記事に「関心も寄せない」のかも知れない。

自分には関係のないことだと、「読むことさえもない」のかも知れない。

日本国憲法の前文に明記されているのと同じように、
自分さえお利口にしておれば、他国から攻撃される事はないと
本気で盲信している日本人が多い事を示すデータを見るにつけ
それでいいのかと危機感を持つ日本人が大半でない感じがする。

だから「平和憲法」だと言って、今の憲法を維持する事に
違和感の欠片もない、能天気な平和盲信主義者の多い事。

そんな日本を横目に、中国はますます、自国の領土拡大に
日々いそしんでいることのその一部が
この中国軍拡の記事にも見て取れる。

日本は危機感を持ち、対応を迫られている。
平和ボケにどっぷり浸かっている場合ではない。



















中国での甚大な大気汚染 [blog]

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO10923860R21C16A2000000/?n_cid=NMAIL002

中国の一般市民は気の毒だ。
愚かな政府の政策の犠牲を強いられている。

更に不幸な事は、
彼らが抗議活動も許されない事だ。
自由の無い国。 意見を表現することも許されない国。

こころある人々ならば、何とかしたいと思っているだろう。

でも、あの国の多くの人々は、
自分さえ良ければ、他人のことなどどうでもいいらしい。

主たる漢民族以外に多くの少数民族のいる非単一民族国家だから、
国民が一丸となって何かを成し遂げるなど無理なのかも。

仮にそうした機運があっても、圧倒的な一党独裁下での
国民に対する締め付け圧力には抗しがたい状況なのだろう。

中国政府は国民の不満を抑圧する為に、
防衛費以上の巨額の金を使っていると聞く。
それだけ、国民の間に不満が溜まっているのだろう。
だから毎年ストの数がべらぼうに多いのだろう。
 
いずれにしても、国民にとってあの国を良くするには、
政府を崩壊させてまともな民主主義の国を作るしか道はない。

それとも、諦めて中国人をやめるしかないだろう。















不調に終わった日露の四島問題、次の策略を考えよう。 [外交]

http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e6%97%a5%e9%9c%b2%e3%80%8c%e8%b2%a0%e3%81%91%e7%b5%84%e9%80%a3%e5%90%88%e3%80%8d%e3%81%ae%e7%b5%8c%e6%b8%88%e5%8d%94%e5%8a%9b%e3%81%af%e5%a4%a7%e8%83%86%e3%81%ab%e9%80%b2%e3%82%80%e5%8f%af%e8%83%bd%e6%80%a7%e3%81%8c%e3%81%82%e3%82%8b/ar-AAlKUG7?ocid=spartandhp

北方四島返還問題は日本の不調に終わってしまった。
でも、それですべてが終わった訳ではない。

今回のプーチンとの交渉の推移を考えた時、
何が視点として足らなかったのか、
それまでには見えなかった部分が
少しは見えてきた様な気がする。

私は日本を愛する一般の日本人だから
どうしても、日本人の立場からものを見がち。
それは、四島返還が日本に返還されるべきとの一方的な見解。

つまり、いくら客観的に俯瞰しようと努力していても
日本の国益追及で眼のレンズが曇るみたい。

ロシアの立場から見たら、彼らはどのように考えているのか
具体的な部分はあまり入って来ない。
つまり、本当の現実が見通し得ていない。

そうした勉強不足だから、プーチンに尋ねられた重要な質問に
後先をよく考えずに、本音がそのまま口から出たのだろう。

北方4島が、米軍の基地化など、仮にあっても
「ありえない」と言うべきだった、と悔やまれる。

その例が示す通り、日本の大臣などは、勉強不足なのだろう。
だから、そんな不都合な点が、マスコミに流れる。

効果が損なわれない様に、関係当局は、真剣に取り組んでいると思う。

そんな環境下だから、余計な口出しは無用だろうと関心する。

















当面はこのように思うしかないかも知れないが。。。。 [blog]

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e5%8c%97%e6%96%b9%e9%a0%98%e5%9c%9f%e3%80%8c%e9%80%b2%e5%b1%95%e3%81%aa%e3%81%97%e3%80%8d%e3%81%a7%e3%82%82%e3%83%97%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%b3%e6%9d%a5%e6%97%a5%e3%81%8c%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%a0%e3%81%a3%e3%81%9f%e7%90%86%e7%94%b1/ar-AAlIqE7?ocid=oa-cinqueter014#page=2

この論理は間違いではない。
一理あるだろう。

でも日本が独自に独立国を目指すべき基本線からずれた
当面の間に合わせ的な発想だ。

一つの要素としては、中国の脅威から日本を守る目的で、
ロシアを日本に引きつける戦略はとてもいい。

日本がアメリカとロシアを取り込み、
対中国の構えを取る方がいいに決まっている。

アメリカもトランプが大統領に就任すれば、
ロシアを受け入れる方向に進みそうだから、
中国のみが孤立方向に動くかも知れない。

でも根本的に重要な事は、やはり、
自国独自で国防出来る方向を目指すべきという事だろう。

日本が普通の国になる事を目指す事が一番重要だ。

同盟や協力関係は、
日本の安全をより強固に担保する二次的なものとすべき。
歴史が物語るように、他国との関係はいつどんな事情で
どう変わってしまうか分からない。
そんな不安定要素がある事を前提とすべきだ。















アメリカのポチは早く卒業したい。 [国益]

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e3%80%90%e6%97%a5%e9%9c%b2%e9%a6%96%e8%84%b3%e4%bc%9a%e8%ab%87%e7%a7%98%e8%a9%b1%ef%bc%88%e4%b8%8b%ef%bc%89%e3%80%91%e6%97%a5%e9%9c%b2%e6%8e%a5%e8%bf%91%e3%82%92%e9%98%bb%e3%82%93%e3%81%a0%e3%81%ae%e3%81%af%e3%83%97%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%b3%e5%ab%8c%e3%81%84%e3%81%a7%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%81%82%e3%81%ae%e7%94%b7%e3%81%a0%e3%81%a3%e3%81%9f%ef%bc%81-%ef%bc%91%ef%bc%95%e5%b9%b4%e9%96%93%e3%81%ae%e6%96%ad%e7%b5%b6%e3%81%a7%e3%80%8c%e5%89%b2%e3%82%8a%e7%ae%b8%e3%81%ae%e4%b8%8a%e3%81%ae%e9%96%a2%e4%bf%82%e3%80%8d%e3%81%ab%e2%80%a6/ar-AAlCo7B?ocid=oa-cinqueter014#page=2

この記事が事実だという前提でものを言えば、
やはり日本は、アメリカのポチなんだなと痛感せざるをえない。

日本の外交に口を出すアメリカとその影響下に置かれた日本。

日本が実質的に「独立国」になれば、
アメリカの横やりは排除できる。

そうある為には、
国防は日本独自の力で可能に出来るようになることが条件。

其の為には、日本を骨抜きにした進駐軍の憲法と呼ばれるものを
改める必要があるのは誰の目にも明らか。

俗に言う「憲法改正反対」論者は、
日本の国益に反する事を主張しているのと変わらない。

自分の国も守れない事を良しとする、
昔流の表現で言えば「非国民」の様なものだが、
多分そんな自覚は全くないのだろうね。












google83d3225246fbdfcc.html


四島返還に拘らないという事にこだわり過ぎるのも如何なものか? [外交]

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e6%97%a5%e3%83%ad%e9%a6%96%e8%84%b3%e4%bc%9a%e8%ab%87%e3%81%8c4%e5%b3%b6%e8%bf%94%e9%82%84%e3%81%ab%e3%81%93%e3%81%a0%e3%82%8f%e3%82%8a%e3%81%99%e3%81%8e%e3%81%a6%e3%81%af%e3%81%84%e3%81%91%e3%81%aa%e3%81%84%e7%90%86%e7%94%b1/ar-AAlz9Ri?ocid=oa-cinqueter014#page=2

これが非独立国日本の悲しい現実なのかも知れないが、
日本が一方的に折れるのは日本の矜持が許さない。
又、日本だけが我慢を強いられるのは不合理そのもの。

日本が完全な独立国になる時を待てば?
独立国になるには、憲法をまともなものに立て直し、
自国独自で国防を可能にする体制を構築し、
世界の列強と対等に交渉できる実力をつける必要がある。

国防の為には、核を持つことも当然視野に入る。

ロシアとの協議で、前進を可能にする要素が無ければ
ロシアにも利益なしを覚悟してもらいたい。
ロシアだけがいい目をすることは受け入れられない。

日本の協力を必要とするなら、
ロシアにも妥協してもらうのが筋だ。
そんな当たり前のこと、言うまでもないことだが。