So-net無料ブログ作成
検索選択
Visit my YouTube: https://www.youtube.com/user/NickEcrivain

首相の発言 [blog]

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS29H53_Z20C16A9PP8000/?n_cid=NMAIL001

戦勝国により与えられた戦後の現在の日本国憲法が
戦後70年の間に、時代に合わない物になり、
改憲の必要性が広く言われて久しい。

所が、世の中には、正論から程遠い妄言を主張する向きもあり、
中には現実や客観的事実を理解されず、
そうした妄言に洗脳されて誤解されている人々も少なからず存在するようだ。

某党の言う「戦争憲法」などという主張は、そうした誤解に基ずく最たるもの。
言っている彼らが、本当にそう信じているとは到底思えない。
多分、彼らの党などの独自の利益の為に、
そうした出鱈目を撒き散らしているのだろう。
反対の為に反対するのが彼らの流儀で、
中身はさて置き、反対すること自体に、彼らには意味のある事の様だ。

そうした言動とは反対に、安倍首相の率いる自民党のやり方は
憲法改正と言うのは国の根幹にかかわる重要事項だから
大いに議論して、国民全体に正しく認識してもらった上で
国民総意の合意として、憲法改正にかかりたいという、
そうした理に叶う正当なやり方をめざしている事が理解できる。

何が何でも、腕ずくででもやる、というような傲慢な所がない。
その真っ当な姿勢は、大いに評価されるものと理解している。

日本人を対象とした説得工作だから、真面な話が理解されるに違いない、
そういう前提で考えられるので、そうした余裕のあるやり方が可能なのだろう。
そのやり方が立派だと思う。











自由な人生を手に入れる教科書





中国の膨張主義の現実 [blog]

http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%81%ae%e7%90%86%e8%a7%a3%e4%b8%8d%e8%83%bd%e3%81%aa%e2%80%9c%e8%86%a8%e5%bc%b5%e4%b8%bb%e7%be%a9%e2%80%9d%e3%81%8c%e3%81%be%e3%81%8b%e3%82%8a%e9%80%9a%e3%82%8b3%e3%81%a4%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1/ar-BBwHS0X?ocid=oa-cinqueter014#page=2

中国の膨張主義の現実が上手く説明されている。

中国の持つ本質とその思考回路が
我々のそれとどう異なるのか、
その差は愕然とさせられる程違う!

同じ地球に生息する人類のものとは到底思えない程のもの。
彼らを宇宙人とみなせばやっと理解できる程のもの。
彼らには国境という概念は全くない。
全て自分の物だと誤解している節がある。

そんな思考回路の連中に、真面な話がそのまま通じる訳がない。

普通の国際的な概念や、まともな価値観を維持しようとすれば、
彼らの悪性ガン的な膨張を力で抑え込むしか方法はない。

彼らにとっては、南シナ海や東シナ海は言うに及ばず、
日本もまた「我が物」だと考えている事を無視できない。

そうした事実から目をそらすことなく、中国対策を画策すべきだ。

多分、日本が核武装しない限り、日本への膨張を阻止する事はできないだろう。
















MRJに期待してます。 [blog]

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD26H2W_W6A920C1000000/?n_cid=NMAIL002

三度目の正直で、MRJが大きなトラブルなく、
拠点となる米国へ向けて飛び立った様子。

この段階に来るまでに多少の紆余曲折はあった様だが、
そんなのはあって当たり前。
当面は、早く「型式証明」を取得して欲しい。

日本の航空機製造業界が
これを機に益々発展される事を
それが日本の景気を良くし、
国力が向上する事の一端を担ってくれる事を
心から願います。

自由な人生を手に入れる教科書

















韓国製の捏造物語 反日を煽る [blog]

http://en.yoshiko-sakurai.jp/2016/09/22/7449

http://yoshiko-sakurai.jp/2016/09/22/6517

平気でウソを捏造する国、それは韓国。

感情が支配し、論理的な話が通じない国、韓国。

何が何でも日本が憎い、反日国、韓国。

虚構が優先し、真実を口にすると袋叩きにあう国、韓国。

有識者の記事を読めば分かる、どれだけひどい国だという事が。。。。












自由な人生を手に入れる教科書

読書習慣に関するこの記事 [blog]

http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e8%aa%ad%e3%82%80%e6%9c%ac%e3%81%a7%e3%83%90%e3%83%ac%e3%82%8b%ef%bd%a2%e4%b8%80%e7%94%9f%ef%bd%a4%e6%88%90%e9%95%b7%e3%81%97%e3%81%aa%e3%81%84%e4%ba%ba%ef%bd%a3%e3%81%ae3%e6%ac%a0%e7%82%b9-%ef%bd%a2%e4%ba%8c%e6%b5%81%e3%81%ae%e8%aa%ad%e6%9b%b8%e3%81%a7%ef%bd%a4%e3%83%90%e3%82%ab%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e4%ba%ba%ef%bd%a3%e3%82%82%e5%a4%a7%e5%8b%a2%e3%81%84%e3%81%be%e3%81%99/ar-BBwvRgl?ocid=oa-cinqueter014#page=2

この記事を拝読して、自分自身の事を反省しました。

忙しいという事を口実にして、本を読まないと、
益々自分の内なる質的なものが、委縮していく。

常に自分にとって新しい知識や情報を追加していかないと、
成長するという事がそこで停止してしまう。

生命維持の為に日々食事をとるように
知的水準の低下防止の為に、
常に頭にも栄養を与え続ける必要がある。

そうした単純なことだけれど、それを怠ると後で後悔する事になる。
そういう事を、再認識しました。

所で、アマゾンで1位になったこの本が無料で手に入る事を御存知ですか?
自由な人生を手に入れる教科書












この記事はホント? ホントなら大問題だ! [blog]

http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%82%82%E7%9F%A5%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%9F%E6%96%B9%E3%81%8C%E3%81%84%E3%81%84%E3%80%81%E5%B0%86%E6%9D%A5%E9%A3%9F%E3%81%B9%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%82%82%E3%81%97%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%EF%BC%91%EF%BC%90%E3%81%AE%E9%A3%B2%E9%A3%9F%E5%93%81/ar-BBwpXQg#page=2

この記事が事実なら、私には大問題だ。

いや、大問題になるのは私だけではない。
地球上の多くの人に大きな影響を及ぼすのは必至。

だから、対策は地球規模でやらないといけない。

まずはこの記事の内容に間違いがないと確認されれば、
その事実を広く世界中に周知をさせることから始めなければ。

消費者だけではなく、生産者も大打撃を受けるから。

地球の温暖化が多方面に悪い影響をもたらす事例には
こうした日々の生活に直結するものも多いのだなと実感させられた。

自由な人生を手に入れる教科書












環境の変化に敏感に対応しよう、生き延びる為に! [日本を変えよう]

北朝鮮が核搭載のミサイルを
実際に使える段階になったと推定される。

所が日本の現状は、そうしたミサイルが飛んできても
発射段階では、その動きを補足する事さえ出来ないというお寒い現実。

実際にミサイルが到着するまで、
発射のされたこと自体も分からなかったという事実は
日本を震撼させる。

本当に日本を標的にして
同時に多数発射されれば、迎撃態勢はもうお手上げ。
日本には対抗できる手段がないという厳しい現実。

首相を始め、政府関係者が、事の重大さに気付き
それなりにどう対応すべきか、外交の分野も含め、
躍起になってご活躍頂いているとは信じたいが、

こんな重要な国防の問題は、
国民が一丸となって、何をどうすべきなのか、
一般の国民の間にも「危機認識の共有」が目に見えてあってしかるべき。
なのに、残念ながら今の時点でそんな国民レベルでの動きは見当たらない。

他人事ではないのは明白なのに、国民の間では静まりかえったまま。
それでいいのか?

自由な人生を手に入れる教科書
















日本はもう北朝鮮の核の恐怖から逃れることができない! [blog]

http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e9%87%91%e6%ad%a3%e6%81%a9%e6%9a%97%e6%ae%ba%e3%81%a7%e3%82%82%e9%98%bb%e6%ad%a2%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%81%aa%e3%81%84%e5%8c%97%e6%9c%9d%e9%ae%ae%e3%81%ae%e6%a0%b8%e3%83%9f%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%ab/ar-BBwpLrI?ocid=oa-cinqueter014#page=2

これが現実なのだろう。
日本はもう北朝鮮の核の恐怖から逃れることができないということが!

この記事は、その中身をよく味わって読む必要があり。

これでもまだ「平和ボケ」を続けるのですか?

現実を何も知らないで「ボケた事をいう日本国民」が
未だ少なくないことにとても歯がゆさを覚える。
イライラする。
無性に腹が立つ。

それでも「馬鹿」を卒業出来ない人々が。。。。

迎撃能力の格段の向上が速やかに現実のものになるよう望む。

やられた後で気が付いても遅すぎる事に気付いて!
政府だけに任せず、国民的運動を起こして欲しいもの。

自由な人生を手に入れる教科書













「人前で話す」ための教育の欠如 [blog]

http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e5%8b%89%e5%bc%b7%e3%81%97%e3%81%a6%e3%82%82%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%ba%ba%e3%81%8c%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e3%82%92%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%81%aa%e3%81%84%e6%a0%b9%e6%9c%ac%e5%8e%9f%e5%9b%a0-%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ab%e3%82%82%ef%bd%a2%e4%ba%ba%e5%89%8d%e3%81%a7%e8%a9%b1%e3%81%99%ef%bd%a3%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e6%95%99%e8%82%b2%e3%81%8c%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%81%a0/ar-BBwmLek?ocid=oa-cinqueter014#page=2

この記事の指摘する所には、思い当たる節がある。

日本では「人前で話す」訓練は、一般的ではない。
だから、使用言語が、日本語であろうが、英語であろうが、
読み書きする理解能力はあっても、
自分の意見を「発言する能力」は言語の如何にかかわらず低いのかも。

「話す力を養う教育」が欠落しているとの指摘はもっともなのかも。
自分の意見を堂々と発表する習慣が一般の日本人社会ではないのは事実。

TVでアメリカではDEBATEの授業があるのを見たことがある。
でも、日本ではそうした「話す訓練」と言うのは、見たことがない。

確かに、自分の言葉で、自分の思いや考えなどを主張する機会が少ないと
外国語の上達はおぼつかないのは事実。

私は運よく素晴らしいメル友を海外に持っている。
お互いにしょっちゅうcommunicateする間柄で、
自分で作文をすると、それが外国語活用能力を磨く事に寄与してくれる。

そんなメル友は、探したからとて容易に見つかるものではない。
運が良かったとしか言いようがないが、
探す努力をしない人にはそんな出会いの機会は訪れないというのも事実だろう。

ちなみに、こんな記事もあるので、参考に追加しておきます:
「ハーバードビジネススクールでは、授業中いかに積極的かつ中身のある発言をするかで
成績の半分が決まります。」
出所はこの記事:http://campus.nikkei.co.jp/article/115981921_2.html












老人性色素斑(褐色の斑点) [blog]

http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/091100019/091400036/?ST=bodycare&P=4&cs=arw_n

老人性色素斑。
いわゆる顔や手や腕に出来る、老人性のシミだ。

老人になれば出てくるのを良く見かける。
そして、老人臭く見えるので、歓迎されない代物だ。

それが盛り上がるとイボになるらしい。

客観的に叙述すれば「紫外線の皮膚に刻み込んだ記憶」と言うらしい。

でも、対策はある模様。
上記のURLをクリックすれば、この専門家の記事を読める。
お役に立つかも。












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康