So-net無料ブログ作成
Visit my YouTube: https://www.youtube.com/user/NickEcrivain

健康管理の質 [Smart Aging]

少子高齢化が言われて久しい現代。
65歳以上の人が4人にひとりと言われるこの時代。
健康維持管理は万人に等しく重要な課題ですね。

加齢と共に、人は皆遅かれ早かれ、体のどこかに不都合を生じるものです。

だから、自分の健康に無関心でいられるご老人は、ほぼ皆無でしょう。
好むと好まずとにかかわらず、どこかに生じ始めた健康上の不具合を切掛けに
自分の健康状態に、面と向き合わなければならなくなります。

一般に我々が意識して出来る対応には
1) 食べ物の選択と食べ方の工夫
2) 適度な運動をする
3) 睡眠不足を避ける
4) ストレスの原因を極小化又は排除する

などがありますが、
それはあくまでも、その必要性を自分で認識して
実際に「実行」しなければ意味がありませんよね。

頭で考えるだけで、「行動」が伴わないのは論外です。

歳をとり肉体に老化が進むのは、体の細胞が酸化するからだと言われます。
だから、その酸化を少しでも防止する為に、
ポリフェノールの摂取に気合を入れておられる方も数少なく無いはず。

お酒を飲める人は、ポリフェノールの含有量の多い赤ワインを常飲する手もあります。
でも、肝臓に問題があったり、元来お酒を受け付けない体質の人には不向きですね。

そんな時に「黒ニンニク」が有力な助っ人となります。

生ニンニクと比べて、発酵・熟成させた黒ニンニクは、有用成分が大きく増加し、
ポリフェノールが約5倍にもなるとのこと。
また、ニンニク特有のにおいが少ないのも特徴。

使用原料のニンニクが青森県産の厳選された特定種というのも安心ですね。

「高麗人参」も古くから、その有用性が認められていますよね。

その含有成分は:
(下記のURLは参考の一部 – クリックまたは貼り付けて中身をご覧下さい)

サポニンhttp://サポニン.com/saponin/kouka.php
ビタミンB1 http://web116.net/vita-b1-1.htm
ビタミンB2 http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/vitamin-b2/
マグネシウムhttp://www.mit-japan.com/ndl/vitamin/mag.htm
カリウムhttp://foodslink.jp/syokuzaihyakka/Vitamin/eiyou/Kalium.htm
亜鉛http://www.nattoukin.jp/Zn%20aen.htm
その他の必須アミノ酸が含まれているとのこと。

その「黒ニンニク」と「高麗人参」の両方を凝縮してつくられたのが
このご紹介する「小林製薬」の「黒ニンニク・高麗人参」。
【小林製薬】黒にんにく高麗人参


毎日の「活力増強」に活用できます。

特に
疲労回復
免疫力向上
老化防止
生活習慣病予防を目的とする人におすすめ。

自分の健康に十分留意されている人には、
こんなのは当たり前のことですよね。。

だから、その「実践」の結果、
元気で溌剌としていて
実際の年齢よりも若く見えるのでしょうね。

自由な人生を手に入れる教科書





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

いつまでも元気でいたい! [Smart Aging]

あなたはご自分で「健康体だ」と胸を張って言えますか?

日本人の平均寿命は2014年で、女性は世界一の86.83歳、
男性でも80.5歳の世界のトップレベル。

それがいい事なのかそうではないのかは人それぞれ。

確かに国単位での平均値の比較だけの観点から言えば、
そりゃあ、他国よりは相対的に健康な人が多いのだろうから、
早死にする国々と比べると、いいに決まっている。

でも、個人単位のレベルで見れば、
必ずいいとは限らない。

我々は自分の健康上の不都合を誰とでも気軽には話さないから、
他人には全く分からないけれど、
私の知る限りにおいては、
そこそこ年を取れば、誰しもどこか故障が出てくるもの。

どこも悪くなくて、青年時代と同じだという人には
一度もお目にかかった事がない。
お互いに知らないから、他人には分からないだけ。

私も御多分に漏れず、病院通いをしている。

同窓会などで友達同士で久しぶりに会うと、
自分の健康の話は大抵誰かとはする。
お互いに同年代の仲間がどうなのか、参考に知りたいためだろう。

同窓会で昔の仲間と会うと、その後の個人差は加齢と共に歴然としてくる。

ある人は頭は総白髪。 部分的な白髪は当たり前。
もしくは、全く頭髪の痕跡もない人だっている場合もあるだろう。

歯が丈夫で咀嚼に不都合なく
硬いものでも難なく美味しく食べられる人もおれば、
自分の歯は殆どなく、硬いものは食べられないという人もいる。

見かけだって随分個人差を感じさせる。

年齢と共に、どうしてそんなに違ってくるのかは、
個人の日々の意識や、努力の違いによってかなり変わってくるみたい。

健康の維持の為には、何をどのように食べるかはとても重要だ。
明日の自分の体は今日の食べ物によって決まると言っても過言ではない。
日々の社会生活の状況、毎日の運動量、睡眠の質、いかに脳に刺激を与えるか、
いかにストレスの軽減を図るかなどは、すべてとても重要だ。

できる事はすべてやって、足らないところは補助的にカバーする。

ニンニクや高麗人参などは、自分の不足している部分を補ってくれるので
これなどはおすすめ:

自由な人生を手に入れる教科書

【小林製薬】黒にんにく高麗人参


嘘だと思ったら一度試してみるといい。 
結果は実際に行動することによって得られるが、考えているだけではだめ!





「あきらめない」 [blog]

人生の途上において、
人はいろんな希望を持ち、夢を描き、
その望むところに向かって努力するもの。 

しかし、すべての希望や夢が実現するとは限らない。 

いや、むしろそうした望みの多くは、
現実のものとはならないのかも知れない。 

すぐに簡単に実現するような、
難易度の低いものは夢にはならないし、
希望の対象にもならない。 

難易度がそれなりに高いものだから、
夢であり希望となるはず。
 
人は、時間の経過と共に、
目的達成の為に必要な情熱が薄れてくるもの。 

すぐにそこそこの結果が出なければ、
その動機付けが続かず、段々気持ちが萎えていく。 

望む目標に向かって、いろいろ工夫を凝らし、
いくら努力を重ねてもなかなか上手くいかないとなると、
結局その内その熱意が段々冷めてくる。 

でも、そこであきらめてしまえば、万事休す。

いかに有名な成功者でも、
その成功を勝ち取るまでに、
これでもかという程、失敗や挫折を経験している筈。 

1%のinspirationと99%のperspirationと言ったのは
あの天才のエジソン。

(Genius is one percent inspiration, 99 percent perspiration.) 

それは、ことの本質をうまく言葉で表現している。 

その目的が難易度の高いものである程、
その成功の陰にはその何倍も何十倍もの失敗があった筈。 

でも、成功につながったのは、
幸運(幸運を引き寄せるのも才能の内)もさることながら、
その本質は「決してあきらめなかった」ことだろう。 

成功するまで、最後まであきらめない人にだけ、
成功という果実がもたされる。 

だから、いかにその情熱を維持できるかという点が重要。 

一見単なる「言葉の遊び」のようにしか見えないけれど、
それは否定のできない真実。

自分で考えられるすべての手段を尽くし、
もうそれ以上は考えられないという
スランプの状態に落ち込んでも、
そこであきらめてはお終い。 

「成功するまでは、決してあきらめない」
という覚悟とその実践者のみが、
その最終のゴールに到達することができるようだ。

「君がどんなに遠い夢を見ても、
君自身が可能性を信じる限り、それは手の届くところにある。」
― ヘルマン・ヘッセ

自由な人生を手に入れる教科書

【小林製薬】黒にんにく高麗人参















車輪の下 (新潮文庫)

車輪の下 (新潮文庫)

  • 作者: ヘルマン ヘッセ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1951/12/04
  • メディア: 文庫



アルツハイマー型認知症 [blog]

【小林製薬】黒にんにく高麗人参


これは「やばい」のかな?

「少し前のことを覚えてない」という記憶障害が、
病気の初期で起こってくる。 それは、
アルツハイマー型認知症の初期症状だと言われる。 

この一部分だけを読めば、
自分にもそんな事が「当てはまる」という自己認識がある。

昨夜のことだった。 
就寝の為に布団の中に入り、あれ? 
「今日はお風呂に入ったのかな?」 

そんな自問にかられた。 

寝る前にパソコンをしている間に、
その直前の「入浴をしたのか、しなかったのか」
そんな事が思い出せない自分に気付いた。

下着を取り換えていたので、結果としては
お風呂には入っていたのに、
その入浴時の記憶がない。 

これってやばいのかな?

朝、家を出かけた後に、
あれ? 「鍵をきちんとかけてきたのかな」と気になり、
途中で引き返したことがある。 

結果的には、無意識に、きちんと施錠していたのだが、
その直後に、その施錠行為が記憶に留まらずに、
心配になった例だ。 

これもやはりやばいのかな?

http://www.skincare-univ.com/t/1152-alzheimer/












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

100年に一度の技術を日産が完成 [blog]

http://www.msn.com/ja-jp/news/money/%e8%87%aa%e5%8b%95%e8%bb%8a%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%92%e8%aa%ad%e3%81%bf%e8%a7%a3%e3%81%8f-20-%e6%97%a5%e7%94%a3%e3%81%ae%e5%8f%af%e5%a4%89%e5%9c%a7%e7%b8%ae%e6%af%94%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%81%af100%e5%b9%b4%e3%81%ab1%e5%ba%a6%e3%81%ae%e5%a4%a7%e7%99%ba%e6%98%8e-%e3%81%9d%e3%81%ae%e3%81%99%e3%81%94%e3%81%95%e3%82%92%e7%90%86%e8%a7%a3%e3%81%99%e3%82%8b/ar-BBw66VJ?ocid=spartandhp#page=4

「技術の日産」と昔から言われる。
その日産が100年に一度のレベルの技術を完成した模様。

理論は何年も前から他でも言われていたらしいが、
その技術を現実のものにしたというのであれば、
やはり「技術の日産」なのだろう。

世界に先駆けて功を成しとげたという事実に拍手を送りたい。

日産はGT-Rという世界TOPクラスの素晴らしい車を出している。
世界最速と言われるBugattiに引けを取らない車だ。
そのBugattiやFerrariやランボルギーニなどと比べても
コストパーフォーマンスは括目に値する。

そんな実力のある自動車メーカーが、
自動車のエンジンの歴史を塗り替える!

その恩恵を早く噛み締めたいものだ。

Viva 日産!













教養は地中深く張る植物の根のようなもの [blog]

ものごとを意識して関心を持って見つめてみると、
見えないものが見えてくる。

普通は、特別な事情でもない限り、
例えば、本のうわべの部分である表紙だけを見ているようなもの。 
関心がない限り、その本の中身をめくってみようとはしないもの。

所が、その本に興味をひかれると、
表紙をめくり、どんな中身なのか見るために、
前段部分に書かれている目次部分に目が移る。 

そして、その目次の中で、
自分が気になる部分を読んでみたい気になる。

前記の一例の様に、
何かに特別な意識を向けていないと、
物事の表面を一瞥する事があっても、
その細部の部分に触れることなく、通り過ぎてしまうもの。 

だから、問題意識を提起することもなく、
記憶に残る事もなく、目の前を単に通り過ぎてしまうもの。

所が、その目にしたものが、
自分の関心事であったりすると、話は変わって来る。 

好奇心が手伝って、その中身の詳細を知りたく思うもの。 
関心があるから記憶に残るし、もっと詳しく知りたい気持ちになる。

その自然な原理の様に、
一つの大きなテーマの向こうには、
数多くの細分化された具体的なテーマ群があり、
そのそれぞれに、更に詳細な内容が裏打ちされている。 

だから、興味を持ってその内容を掘り下げていくと、
その掘り下げ得る程度にも寄るが、結構分厚い本の様なものになり得る。 

「教養はジャムのようなもの。
ない人ほど広げて見せようとする。」
というような事が言われるが、
教養の上から見る平面上の範囲は狭くても、
その奥が立体的な厚みを持ち分厚くなる。

だから、例えば「日本文化」と一言で言っても、
その対象となる平面的な広がりも広いが、
それを掘り下げるとかなりのものになるようだ。 

日本文化一つを海外に紹介すると言っても、大変な事が推測できる。












国を離れる中国人 [blog]

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO06437270U6A820C1I00000/?n_cid=NMAIL001

ふ~ん!
お金のある中国人は、住みにくい中国に見切りをつけるのですね~

6,000万円も要るならば、
普通の日本人でもなかなか手の届かない事を
彼らはやる。

そこには彼らを動かす切実な理由がありなのですね。

中国には教育問題、深刻な大気汚染の問題、
それと人の健康を無視した食の安全の問題などを筆頭に
問題が山積!?

個人の力で改革出来ないとあらば、
そうしたひどい環境から逃げ出すしかないのかも。

海外へ逃避出来る連中はとても恵まれている。
残りの殆どの、大金を用意出来ない中国人は、
好むと好まざるとにかかわらず、
そんな極悪環境に甘んじるしかない。

社会制度を変え、彼ら自身が変われば、
すぐにとはいかなくても、そうした環境を変える事が出来るが、
彼らにはそんな気も無ければ力も無いのかも。

愚かな事だ。















現実味を増す中国の日本領土略奪 [平和ボケでは済まされない]

http://yoshiko-sakurai.jp/2016/08/25/6481

日本国民は、日本のこんな危機的現状を理解しているのでしょうか?

少なくとも、共産党の支持者には、現実を直視する能力は無いと思います。
だって「戦争憲法」だなんて、寝ぼけた的外れなことを
平気で念仏のようにつぶやいていますから。

正気の沙汰だとは思えません。

憲法改正に反旗を翻しているあなた。

日本の国の安全対策に異議を唱えるあなた。

そうしたあなた方は国賊ですぞ。
そうした売国行為は許せません。

自分の国は自分で守る、それが当たり前のことなのです。

自国の力で力不足な部分は、アメリカとの同盟関係でカバーする。
それしか、生きて行く道はないでしょう。














ますます挑発を激化させる北朝鮮 [国防]

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM24H8Z_U6A820C1EA1000/?n_cid=NMAIL001

これでもあなたは「平和ボケ」でいいのか?

日本国民は日本の危機に目覚めよ!

我々は周りの現実に目を向けなければいけない。
無関心を装い、何も対応しなければ、
日本がどんな目に遭うのか、結果は言うまでもない。

いくら安保理で緊急会合を持っても、
中国が北朝鮮をかばい、、拒否権を行使する限り、
北朝鮮の挑発を止めようとしない限り、
安保理などには問題解決能力がないという意味で、
もはや全く存在理由がない。

こうした国際的な危機は、機能しない安保理に期待することなく
国連総会で(全会一致ではなく)賛成多数で総意を形成すべきだ。

そして、無謀な北朝鮮の行為を抑え込むように世界が協力すべきだ。

今や戦後体制の安保理の機能は形骸化している。
日本の憲法が今の時代に合わなくなれば、改正すべきように、
国連の運営方法にも時代に合った運営方式に転換すべきだ。

そんなこと、感心のある普通の人ならば、誰もが思う事。

それとも、我が国がお利口さんであれば、北朝鮮も中国も
日本を侵略して来ないとでも、本気で思っているのですか?

それ、大間違いです。














日本が歓迎され、受け入れられた [blog]

http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e5%8f%b0%e6%b9%be%e5%85%83%e7%b7%8f%e7%b5%b1%e3%81%8c%e8%aa%9e%e3%82%8b%e3%80%8c%e6%9c%ac%e5%bd%93%e3%81%ab%e9%a0%bc%e3%82%8c%e3%82%8b%e5%9b%bd%e3%81%af%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%80%8d/ar-BBvVK3z?ocid=oa-cinqueter014#page=2

日本は50年間台湾を植民地として支配した様だが、
現地の人々に教育を徹底させるところから
植民地統治を始めた国は、日本をおいて他にないとの事。

人類の歴史上、他国による植民地支配は「愚民政策」しかなかった。
植民地にした従属国の国民に教育を施した宗主国は
日本を除き、他には何処にもない。

現地の国の国民に教育を施し、
その国の社会資本充実の為に寄与してきた日本。
それは日韓併合の歴史でも同じで歴然としている。

日本が感謝される事はあっても、
日本が非難を受ける理由はどこにもない。

日本人が捏造した慰安婦問題も
有りもしない南京大虐殺も全く架空の作り話。
そうしたでっち上げ話を主張するのは、
それによって利得を企む悪意ある連中がいるから。

真実の歴史を国民に教えず、
事実とは反する反日教育をしてきたのが韓国。
それは自由な情報の流通を遮断している中国も同じ。

敗戦後の日本国民がGHQにより洗脳されてしまって
戦後70年も経過しているのに、未だその洗脳から目覚めない
多くの日本人がいる事実と重なるものがある。

世界平和を標榜するならば、まずは客観的事実を正しく知り、
その上でどうすればいいのかよく熟慮し、未来志向で行くのがいい。

偏向した誤った教育を見抜き、真実を洞察する力は、
平和希求の為には不可欠だろう。

誤解を放置し、事実から目を背けている限り、
いい事は何も生まれない。