So-net無料ブログ作成
検索選択
Visit my YouTube: https://www.youtube.com/user/NickEcrivain

Royal Crescent (Bath市にある) [blog]

https://youtu.be/Bwqm5uBTyV8

EnglandのBathを訪れた時に、訪れたこのRoyal Crescent。

https://www.bing.com/images/search?q=royal%20crescent&qs=n&form=QBIR&pq=royal%20crescent&sc=8-14&sp=-1&sk=

Romaのバチカン市国の前の広場のように、
三日月の形をした建物がある。

その前は、広い緑の広場。












タグ:Royal Crescent

Bath Abbey (バースの大聖堂) in England [blog]

https://youtu.be/lMSibzZbjNs

Roman Bathの横手にあるBath Abbey (バースの大聖堂)

ヨーロッパの主要都市にはよくある大聖堂

このBathの地にあるのがこれ。

ローマ浴場跡の横手に有ったが
ツアーの時間の都合でだったのか、
中に入ってみる事はなかった。

写真集はネットで見る事が出来る:
https://www.bing.com/images/search?q=bath+abbey+bath+england&qpvt=bath+abbey+bath+england&qpvt=bath+abbey+bath+england&qpvt=bath+abbey+bath+england&FORM=IGRE

中を訪問希望であれば、ネット上での訪問は可能:
http://www.bathabbey.org/visiting-abbey













Roman Bath (ローマ浴場跡) と Bath Abbey (大聖堂) [blog]

https://youtu.be/C9GRoNCUI0g

Roman Bath (ローマ浴場跡)

Londonに次いで訪問者の多い観光地のBath.
そのBathにある史跡がこのRoman Bath
ユネスコの世界遺産に登録されている。
古代ローマ時代の公衆浴場跡で
建物の保存状態は良好。

その横にはBath Abbey (バースの大聖堂)がある。
https://www.bing.com/images/search?q=roman+bath&qpvt=roman+bath&qpvt=roman+bath&qpvt=roman+bath&FORM=IGRE













Shakespeareの生家の庭にはこんなものが!? [blog]

https://youtu.be/csA9BsNlzs0


Wall Book - 聞きなれない言葉だけど。。。。

あの有名なShakespearの生家を訪れると、
その庭の壁面に、内側に面してご覧のような絵の壁がある。

確かに壁書かれた本のようだ。

時間のある方は、
ビデオを静止して、
静止した画面を拡大して頂ければ、
何が書かれているかが判明する。

今は時間がないので出来ないが、
その内に解明してみようと思う。















Cotswoldsの美しき村Bibury (2) [blog]

https://youtu.be/ftIaWvyqXww

イギリスCotswoldsの村、Bibury。

詩人のウイリアム・モリスが暮らしたと言われる
「Englandで最も美しい村」と小冊子に説明書きがあった。

一番かどうかは知らないが、
この撮影した一般人の民家は、
私の目には魅力的だった。

私の気に入ったのは、外壁をつたうバラ。

5月下旬から6月は英国ではバラの咲き誇る季節。

我が家の公道に面したつるバラは5月の初旬だから
英国の方がひと月位後に咲く模様。












許せない中国による挑発 [国防]

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e8%bb%8d%e6%a9%9f%e3%80%81%e7%a9%ba%e8%87%aa%e6%a9%9f%e3%81%ab%e6%94%bb%e6%92%83%e5%8b%95%e4%bd%9c-%e3%80%8c%e3%83%89%e3%83%83%e3%82%b0%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%88%e5%9b%9e%e9%81%bf%e3%80%81%e6%88%a6%e5%9f%9f%e3%81%8b%e3%82%89%e9%9b%a2%e8%84%b1%e3%80%8d-%e7%a9%ba%e8%87%aa%ef%bd%8f%ef%bd%82%e3%81%8c%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%81%a7%e6%8c%87%e6%91%98/ar-AAhJ5PR?ocid=oa-cinqueter014

この記事を、看過できますか?

できる人がいたら、その人は間違いなく、
脳の機能が損なわれています。

これが事実だとすると、もう許せない。

これ以上は、許せません!

自衛隊員の身の危険も無視できません!

事が大きくなるリスクがとても大です!

日本はリスクに対応できるように、憲法改正を急げ!

いつまでも、現実にそぐわない夢を見ているようではいけない。












Cotswoldsの美しき村Bibury [blog]

https://youtu.be/TuSfPH6BoUY

EnglandのCotswolds地方にある、
「イングランドで一番美しい村」と言われるBibury.

その地を初めて撮影した私の作品がこれ。

2016/6/10 (金)に撮影。

このBiburyの映像は他にも撮っているのでUPする予定。

私のYouTubeに「チャンネル登録」頂ければ、
今回の英国訪問のものも、
その他の国のものも、
色々UPしていますので、
ご覧頂ければ、とても幸せ。

私のURLは: https://www.youtube.com/user/NickEcrivain













憲法改正の必要性は今更説明の必要はないと思うが [国益]

http://yoshiko-sakurai.jp/2016/06/25/6418

素人の私が言っても、聞く耳を持たない人は多いかも知れない。

でも、国家基本問題研究所の著名な櫻井よしこ氏も
このコラムでも言っている。

そこに書かれているように、
「憲法改正」は焦眉の急。

まずは国防の為の法体系の整備が急がれる状況にある。

でも、のほほんとして、何もしない人が少なくないのも問題だが、
「憲法改正」に積極的に異議を唱える人がいる事が信じられない。

彼らは、本当に、日本人なのだろうか??? 
チカチカとランプがともる。

例えば、日本の国籍を持つが、
元来日本人でない人が多数いることは周知の事実だ。
そんな人がうようよいる。

日本の平和追求や国益保護に異を唱える
日本人の顔を装った非国民が
日本の存在を危うくしていることに危惧せざるをえない。

日本を愛する本当の日本人なら、日本の害になることには賛同しないはず。
非国民だから、非日本人だから、日本に悪かれという事に加担するのだろう。

そんな日本国にとって害となる日本人としての資格のない連中の
資格をはく奪できるような法律を作ってもいいのではないか。

日本人による、日本人の為の、
日本の恒久平和と安全の追求を可能にするために、
日本人は立ち上がらなければならない。

傍観者には覚醒してもらいたい。













成長ホルモン使用の牛肉・豚肉 [blog]

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e7%b1%b3%e5%9b%bd%e7%94%a3%e7%89%9b%e8%82%89%ef%bd%a4%ef%bd%a2%e6%88%90%e9%95%b7%e3%83%9b%e3%83%ab%e3%83%a2%e3%83%b3%ef%bd%a3%e3%81%ae%e8%a1%9d%e6%92%83%e7%9a%84%e3%81%aa%e5%ae%9f%e6%85%8b-%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%ba%ba%e3%81%af%ef%bd%a2%e5%ae%89%e3%81%84%e7%89%9b%e8%82%89%e3%81%ae%e7%8f%be%e5%ae%9f%ef%bd%a3%e3%82%92%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%99%e3%81%8e%e3%82%8b/ar-AAhEcw2?ocid=oa-cinqueter014#page=2

恐ろしいね~!

知らないという事は、怖いね~!

「成長ホルモン」という明確なリスクがあるのなら、
何故に、その事実を周知させようという動きが少ないのか?
マスコミの怠慢ともいえる。

朝日新聞を筆頭に、信じられないマスコミが少なくないというイメージがある。
必要な情報を必要なだけ適切に伝えると言うのはマスコミの使命だろう。

食の安全性などのテーマは、一般国民には一番に伝えるべきこと。
それがなされていないのは、なぜなのか?

国民の安全や健康を鑑みないで情報操作をやっているのか?
そう勘ぐられても仕方あるまい。