So-net無料ブログ作成
Visit my YouTube: https://www.youtube.com/user/NickEcrivain

マウスの使えないパソコンで、「コピペ」する方法 [blog]

マウスの使えないパソコンで、「コピペ」する方法

マウスの使えない携帯型のパソコンを買った。

従来のlaptop型パソコンに比べると、
その小さいサイズ故に、本体の重量が軽く、持ち運びに便利で、
無線が届く所であれば、場所を構わず使用できるので
旅行用にも便利だ。

多くの人は器用にスマホを使っているが、私の買ったPCは
Keyboardのサイズも大きく、入力しやすいタイプだ。

所がマウスを使わないタイプなので、従来の方法では、コピペが出来ない。

どうしたものかとinternetで検索していると、解決策を発見。

Keyboardの「Ctrl」キーと「C」のキーを同時に押せば、
指定範囲をコピーできる。

又、次に「Ctrl」キーと「V」キーを同時に押せば、
そのコピーした部分を貼り付け出来る。

何処をコピーするか、何処に貼り付けるかは、
コピーする場所、貼り付ける場所、の
それぞれの先頭に指でカーソルを移動して
「Shift」キーを押しながら、「矢印」のキーを移動させるだけで
その実行する場所が「反転」する。

いとも簡単なこのコピペのやり方。
一度お試しになられては。。。。。













嬉しいニュースが入って来た! [blog]

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD31H0J_R30C16A5000000/?n_cid=NMAIL001

今日は、嬉しいnewsが入って来た!
国産のMRJの2号機の初飛行のnews !

続く3号機も4号機も飛行テストに使い、
実践配備への道を短縮する模様。

このMRJは、三菱重工などの直接関係する製造会社だけのものではない。
それは、日本の近未来の飛行機製造産業全体の飛躍的発展をめざし、
日本の産業に新しい重要な部門を確立する、いわば、
自動車産業に続く日本の未来の大黒柱のひとつ。
日本の経済や社会や雇用機会創造にも大いに貢献する主要要素。

トヨタがBIG3の前を疾走するように、
MRJがBoeingやAirbusや
ひいてはLockheedの前を飛ぶようになって欲しい。
そう願うのは私だけではない筈だ。













Rice Cooking [blog]

We Japanese live on RICE basically.
The rice we grow in Japan is called as Japonica rice
which is rather round and shorter in shape and
it will be sticky when cooked.

We have a long history of cooking rice among us Japanese.
When the writer was a small boy, people were cooking rice in an iron pot.
Then the time has come we use electric rice cooker.

If it is a family of lots of family members like a family
of 4 people or more, the electric rice cooker is still popular
for the purpose to cook more rice at a time.

But, if it’s a family of 2 people or less, it is convenient to use
an earthenware pot to cook a smaller volume such as 2 go of rice.

The “go” is a unit to measure the volume of rice.
The 2 go is a volume sufficient for 2 people to eat it at a time,
unless he/she will be a big eater. In my case, I cook 2 go at a time daily.

In this
鍋炊きご飯の炊き方/レシピ
It looks like that an ordinary pot made of metal will be used to cook the rice.

1) What is needed before to start cooking rice by pot.
Crucial to DIP the washed rice firmly in water for some time.
   --------------------------------------------------
Required to get the rice “absorb water” beforehand
so that the rice could be cooked by fire through the core of rice.

It would be good to keep in water for over 30 minutes
after washing the rice in summer season.
But, in winter, the soaking time needed will be for 1 hour.

The way of judgment : It will be ready if the color of rice will be
“cloudy” or “milky” after being soaked in the water.

2) The quantity of water.
After the first soaking process, although I do not do this myself,
just for the purpose to measure the water to be used,
this explanation will be easier to see what to do.

Once you move the water-absorbed rice into the colander
and then put them into the metal pot.
The quantity of water you add will be 400ml~450ml against the 2 go rice.

Against the rice of 3 go, the water to be given will be 600ml~650ml.
The more water will give the cooked rice more stickiness,
than the case of less water.

3) How to cook (Correct Heat and Time)
After you added water into the pot, make the surface of rice flat.
When cooking the rice in the metal pot, it would be good
to start with medium heat (flame) in the case of 2 go or 3 go.

I personally use earthenware pot – in its case,
I start with high heat (high flame) from the beginning.

The water inside the pot will be boiled and
the bubble will be coming out from the lid.
(In the case of metal pot, keep on cooking for 2 minutes
after boiling gets started, then weaken the flame a little for 3 minutes,
then keep on cooking with low flame for 5~7 minutes.)

Cook for totally 10~12 minutes as above quoted
for metal pot cooking, and open the top lid to see
if water still remains or not.

If you still see bubble on the rice, it is the condition
that the water has not been blown.

If such is the case, keep on cooking for another 1~2 minutes
with low flame until the water will be blown off, and then
give medium flame for some 10 seconds to steam them
with the lid on the metal pot.

Depending upon the kind of pot to be used,
or when the rice volume is small,
the boiling condition is less noticeable.

4) Finishing process is steaming
By steaming the cooked rice, it will have delicious taste.
The length of time needed for the steaming will be 10 minutes
– wait the time while putting the lid on the pot.

At the end of this article,
it is referred to about “aluminum” pot.
But, I personally “avoid” using “aluminum”
as the material of pot or pan or any other thing.

Above is mostly translated from the below
:http://www.sirogohan.com/recipe/gohan2/ 鍋炊きご飯の炊き方/レシピ














ご飯の炊き方 [異文化交流]

ご飯の炊き方

独身で自炊するのが当たり前な生活をしている方を除き、
日本の男性の場合は、普通ご自分でご飯を炊く事はあまりないのでしょう。
私もその一人です。 時々は例外的に自分でも炊く事はありますが、
やっていることは適当ですから、ご飯の炊き方を説明せよと言われると、
なかなか上手くできません。
 
そこでインターネットで検索してみました。

ご飯を炊くという行為は、日本では当たり前の行為で、
日本の食文化の根幹を成すものだと思いますが、
パンを主食とする文化圏では、日常的なものではないですよね。

イタリアのリゾットもスペインのパエリアも共にお米を使う料理ですが、
日本の「ご飯」とは全く似て非なる「別物」ですね。
当然、料理の仕方も異質のもの。

コメの種類も、日本のジャポニカ米はインディカ米とは全く違うもの。
日本のコメは形が丸くて短く、炊くと粘り気がある。 
外米と呼ばれるインディカ米は、細長く、炊いてもさらさらしていて、
これが同じコメかと思う程違う。

それと、料理の仕方が違うのか、とても強い匂いがする場合がある。

一時期話題になったカリフォルニア米とか豪州米は日本のお米に近いようで
私の口にも合うけれど、やはりお米は日本米がいい。

海外のメル友と「お米の炊き方」がその日のテーマになった時、
上手く説明できない私がいた。 

つまり、お米自体は意識せずに生活の中に入り込んでいるので、
あえて比喩すると、車の運転みたいなもの。 
普通、車の運転は体が自動的に反応して操作しているので、
いちいち言葉でその操作の要領を述べる事はない。

でも、ネットで調べていると、自分では意識していない知らない事実も発見。
焦点を当て関心を示すとそれまではスルーしていたことが見えてきた。

ちなみに海外の米炊きのビデオをみると、日本の炊き方の繊細さが目に付いた。














タグ:コメを炊く

頭の中、どうかしている人々 [blog]

http://yoshiko-sakurai.jp/2016/05/28/6380

櫻井氏がまたお書きになった。
日本の国家的問題の核心が、そこにあるから。

世界の現実に目を背けて、
根拠のない妄想を抱いている人々がそこにいる。

なぜ、日本国憲法の前文に
「現実味のない空虚」が書かれていることを理解できないのか
百歩譲っても千歩譲っても、到底理解できない。
物事を理解する能力の存在さえも疑わしくなる。

でも、それが日本の一部の現実。
無責任な連中の道理に合わない部分は
自然に朽ちるのを待つしかないのかな?
そんな病気は外科的手術もままならないだろうから。















紛争、政情不安、貧困などから逃れる難民 [世界は多様]

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM29H27_Z20C16A5000000/?n_cid=NMAIL001

密航船が転覆するニュースは今に始まった訳ではない。
以前から何度もあったのだろうと思う。

彼らがどれだけ密航船のリスクを認識しているのかは知らない。

現実は、彼らは「藁をも掴む思い」で、欧州の新天地を目指そうとしている。
その希望の前には、どんなリスクもものともしないのかも知れない。

彼らを駆り立てるものは、中東やアフリカ地域での紛争や貧困、
それと政情不安などからの「必死の逃避」なのだろう。

そうした状況の下では、他に望ましい選択肢などないのだろう。
業者の悪質さ加減に文句を言っている状況ではないのかも。

生存権さえも否定されがちな彼らの状況は、我々日本人には分からない。
頭の中で想像できても、現実の厳しさは、理解できない。

こんなニュースを目にする度、「ああ~、自分は日本人で良かった!」
そんな思いが心を過り、被災者にはとてもお気の毒に思う。














イスラム教では [異文化をもっと知ろう]

http://www.afpbb.com/articles/-/3088466?blog=sonet

「イスラム教では家族などの例外を除いて
異性の体に触れることを認めていない」との事。
ふ~ん、そうなんですか!?

その宗教上の理由で、
スイスのある中学校に通う14歳と15歳のシリア人の兄弟が、
女性の教員との握手を拒否し、
学校側が2人の握手を免除したことが明らかになり、
それが、スイス国内で大きな騒動に発展していたとのこと。 

日本人には訳の分からない、そんな記事を発見。

更に驚いたことには、地元教育当局は声明で
「教員には握手を要求する権利がある」と述べ、
握手を拒否した生徒の保護者に対して
最高5000スイスフラン(約55万円)の罰金を
言い渡すことができるとの判断を示したとのこと。 

「握手を要求する権利」というのもよくわからない。

そんな記事を読んで、
これはなんじゃろかと首をかしげてしまった私だが、
日本の皆さんはどう思われるだろうか?












思考停止の人々には驚かされる [国防]

http://yoshiko-sakurai.jp/2016/05/26/6376

常々とても気になっている事が、
この櫻井氏のコラムでも取り上げられている。

「他国や武装組織の日本攻撃にはどうすべきか」と問うと、

なんとなんと:
「日本には攻めてこないと思う」
「外交の力で攻撃されないようにすればよい」
「日本は戦争しないで米軍に戦ってもらえばいい」
などの答えが並んだとのことだ。

日本はもう「何度も中国にちょっかいを出されている」ことを
知らない訳ではあるまいに、そんな寝ぼけた事を言う人が現実にいるのだ。

「外交の力で攻撃されないように」なんて事は、有り得ない。
押し返す力がないから、侵略されるのが常。
物事を知らないにも程がある。

ましてや「米軍に戦ってもらえばいい」なんて言うのは、
例の有名な「パンが無ければ、ケーキを食べれば」みたいな話だ。

現実を直視出来ず、絵空事で国を守れると信じているなら、どアホだ。
自国民にそんな無知丸出しの人々がいる事を苦々しく思う。


















米中間で、もうこんなことまで話されている模様 [blog]

http://yoshiko-sakurai.jp/2016/05/21/6370mou

北朝鮮の正恩体制の弱体化が指摘され、
朝鮮半島の現状維持がもはや不可能であることが前提で、
米中間では、北朝鮮の崩壊後の統一朝鮮と中国の間の
国境設定場所について話されている様子。

何だか映画を見ている気分になるが、
大国間ではもうそんな話が進められている様だ。

櫻井氏の説明では、中国は
新設予定の国境線の「大幅な南下」を要求している様子。

中国なら、さもありなんで、とても現実味のある話だ。

そこを国境線に設定すれば、
現在の北朝鮮の核施設、寧辺も中国領に入るとか。

なんとまあ~













歴史の事実は、時間が経てば。。。。 [blog]

http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e3%80%90%e3%82%aa%e3%83%90%e3%83%9e%e6%b0%8f%e5%ba%83%e5%b3%b6%e8%a8%aa%e5%95%8f%e3%80%91%e3%80%8c%e5%8e%9f%e7%88%86%e6%8a%95%e4%b8%8b%e3%81%ab%e8%ac%9d%e7%bd%aa%e3%80%81%e8%a2%ab%e7%88%86%e8%80%85%e3%81%a8%e9%9d%a2%e4%bc%9a%e3%82%92%e3%80%8d-%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%b3%e7%9b%a3%e7%9d%a3%e3%82%89%e3%83%aa%e3%83%99%e3%83%a9%e3%83%ab%e6%9c%89%e8%ad%98%e8%80%85%e3%81%8c%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98%e3%81%ab%e8%a6%81%e6%b1%82/ar-BBtorQt?ocid=oa-cinqueter014#page=2

ああ~、そうだったんですか!
アイゼンハワー大統領やマッカーサー元帥でさえ、
戦争終結のために必要ではなかったと述べている」
と付け加えられていますか!

いろんな立場の人が、
それぞれの立場でものを言いますからね~

歴史の事実は、時間が経てば、
段々と見えて来るものなのですね。