So-net無料ブログ作成
Visit my YouTube: https://www.youtube.com/user/NickEcrivain

最早「認知症」は他人ごとではないこの現実 [blog]

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e8%aa%8d%e7%9f%a5%e7%97%87%e3%81%a8%e3%81%84%e3%81%86%e6%99%82%e9%99%90%e7%88%86%e5%bc%be%e3%80%81%e9%ab%98%e9%bd%a2%e5%8c%96%e7%a4%be%e4%bc%9a%e3%83%bb%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ab%e8%bf%ab%e3%82%8b%e5%8d%b1%e6%a9%9f/ar-AAoTdYo?ocid=oa-cinqueter014#page=2

上記URLの記事、脅迫でも何でもない現実でしょうね!

「厚生労働省の推計によると
現在460万人いる認知症患者は、
2025年には
高齢者の5人に1人に相当する700万人に達する」とのこと。

これを「他人ごと」と言えますか?

高齢者がうようよしている高齢化社会。
その高齢者が5人いたら、その中の一人は認知症になる可能性。
700万人と言えば、ものすごく多い数ですぞ。

「犬も歩けば認知症患者に当たる」世の中になる。

家族が認知症になったら、
その程度にもよるだろうが、
その内目を離せなくなる。

その結果、介護の為に離職を余儀なくされる事もある。

いずれの場合にしても、この記事にも書かれている様に、
「精神的」、「物理的」、「経済的」負担は大きく、
その結果、悲劇を招く場合も考えられる。

この記事によると:
「厚労省統計によると高齢者虐待と認められた件数は、
2006年の1万2623件から、
2015年には1万6384件に増えている。
その大半は親族が関与したものだ」とある。

絶対数としては、随分多くの高齢者が
現実に「虐待」されている、という事だ。

話を聞くだけでも大変だな~と思うけど、
そんな事が現実として我が身に降りかかるとしたら、
認知症予防に、あらゆる努力を意識してするのは
自分の為にも、家族の為にも、必要だなと痛感させられる。














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました