So-net無料ブログ作成
Visit my YouTube: https://www.youtube.com/user/NickEcrivain
前の10件 | -

北朝鮮が国連に要請した、国連事務次長の訪朝 [blog]

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24572210T11C17A2EAF000/?n_cid=NMAIL007

今回の国連事務次長の訪朝は、
なんと、「北朝鮮が国連に要請した」模様。

国連が主導権を握り、独自で勝手に行こうとした訳ではないみたい。

国連の訪朝は2011年以降初めてらしい。

「北朝鮮からの要請があって」の国連が反応する行動の様だ。

それからは、北朝鮮が自主的に、
対話の窓口を開きたいと思っていると考えていいだろう。

それはそうだろうと思う。

いくら米国に届くICBMがほぼ完成状態の域に達したとしても
北朝鮮の独自の力で、アメリカ全域を壊滅させる能力はない。

北朝鮮が先に手を出せば、間違いなく、北朝鮮は徹底的に潰される。

アメリカが本気で武力行使をすれば、
北朝鮮は間違いなく完璧に廃墟になり、国は消滅する。

その戦闘の途中で、韓国や日本も北朝鮮による攻撃により
大いなる人的物的代償が避けられないという事で
迂闊にアメリカも手を出せない理由となっている。

アメリカには自国への攻撃が現実のものとなれば、
そして、平和解決の為の万策が尽きれば、
日韓の多少の犠牲を無視してでも、
アメリカ・ファーストの国防を念頭に、
アメリカが北朝鮮へ先制攻撃を実行する可能性も否定できない。

日本国内にも、いろんな意見があるように、
アメリカの世論も一本ではない。

我が国の独自の国防という観点から言えば、
日本への攻撃を阻止する為には、
飛んできたものを待ち受けて撃ち落とすという手段だけでなく
日本への攻撃を思い留まらせる為には、日本も当然ながら
核武装するという手段しか、他に有効な手段は見当たらない。

核武装している国は打ち込まれた事はない。
核兵器による報復の事を考えれば、打ち込めないので、
強力な抑止力として働く。

核は使うものでは無く、平和維持を担保してくれるものだ。

世界がそれぞれに身勝手な事をするので、
力の無い国は犯される。
北朝鮮が核に拘るのは、
それなしでは潰されるリスクを核心しているからだろう。

力の均衡というか、それが崩れると、弱き方は強い方から、
確実に攻撃さえれる。 その素地を作らない為にも
日本は核武装を急ぐべきだと思う。
其の為には、遅々として進まない憲法改正がまず大問題。

それと、リスクの原因は北朝鮮のみに非ず。
北朝鮮よりももっと質の悪いのが中国だ。
核武装は中国からの侵略阻止にも役立つ。

あの国とまともな話が出来ると思う事勿れ。
自分で守れない国は滅ぼされる。

















nice!(0)  コメント(0) 

ベトナム人とは友達になれそう [blog]

https://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%a8%e3%83%99%e3%83%88%e3%83%8a%e3%83%a0%e3%81%8c%e5%85%84%e5%bc%9f%e3%81%ae%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%ab%e3%82%88%e3%81%8f%e4%bc%bc%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e7%90%86%e7%94%b1/ar-BBGF4e2?ocid=oa-cinqueter014#page=2

ベトナム人とお付き合いは無いのでよく知らないが、
一般に、彼らは勤勉だと言われるし、
何度かの短期滞在で、袖触れ合った人々は
私の目には、とても好意的だった印象がある。

明らかにルールもくそも無い「何でも有り」の漢民族とは違うし、
本気でウソをつける朝鮮半島の人々とも違う。

日本人はそうした違いが分からない程馬鹿ではない。

今後は日本とベトナムの関係が
より一層発展出来る事を期待します。











nice!(0)  コメント(0) 

天に唾する人には、天罰が下る! [blog]

https://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%82%b3%e5%b8%82%e9%95%b7%e3%81%8c%e6%80%a5%e6%ad%bb-%e6%85%b0%e5%ae%89%e5%a9%a6%e5%83%8f%e5%8f%97%e3%81%91%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%81%ab%e7%bd%b2%e5%90%8d/ar-BBGEvCh?ocid=oa-cinqueter014

ホントに馬鹿な事をしたもんだ!

そんな馬鹿な事をしなければ、
心臓発作で急死という様な、
天罰を受ける事も無かったかも知れないのに。

真実は一つだから、
それを故意に曲げる事は、
天に唾する様なもの。

天網恢恢疎にして漏らさず。

お気の毒に。











タグ:天罰
nice!(0)  コメント(0) 

櫻井よしこさんの演説 [blog]

https://www.youtube.com/watch?v=2RPs2_lC1lE

この櫻井よし子さんさんのビデオをおおすすめします。

彼女の仰る事に、「全くその通り」だと思います。

私もつねずね彼女の発言に接し、ずばり同じ思いでおります。

我が国の取り巻く環境を考えれば、
憲法を改正する行為のスピードがあまりにも遅すぎます。

それは、事の重大性を理解されない、理解しようとも思わない
ぼーっとした日本人の絶対数が多すぎるからですね。

我が国の平和と国民の安寧を確保するのは、
我が国の国民自身が行動をなさねばなりません。

そんな単純なことを理解できない程、多くの日本人は馬鹿では無い筈です。

日本の今後の運命は、我が国の国民の一人一人の考えと行動次第です。

日本の将来の世代の為にも、今の世代がすべき事を真剣に考え
行動に移すべきだと思います。 行動が伴わないといけません。

いつまでも無為に過ごす事は許されません。











nice!(0)  コメント(0) 

あなたは神を信じますか?と聞かれる事がある。 [世界は多様]

昨日近所の図書館に行った。

目指す本が見当たらなかったが、
ふと手にしたのが「隠されたヨーロッパの血の歴史」
副題は、「ミケランジェロとメディチ家の裏側」
評論家副島隆彦氏の本だ。

目を通していて、最初に目についたのが
「ローマ・カトリック教会は大嘘つきだ」との事。

それは昔から言われる「性悪説」と同じ事。

ローマ教会は「人間はすべて罪人として生まれている。
人はすべて罪を背負ってこの世に生きている。だから
その罪を死ぬまで償い続けなければいけない。
人間の罪を贖う、贖罪する為にキリストが死んだのだ」とする。
「これがローマ・カトリック教会の教えだ。
これが巨大な嘘であり、諸悪の根源だ」、とある。

更に、「真実とは何か」とある。
「人間がこの世に生まれてきて生きているという事は、
罪悪ではない、罪ではない、という事だ」とある。
「だから、人間は、自分の生と生活を思い切り楽しく、
嬉しく生きていいのだ。これが真実だ」とある。

また更に、「人間に生そのものを罪深いものとして決めつけ、
だから生涯を賭けて、その罪を償い、贖い続けなければいけない、と
ローマ教会は教え続けた。人間の生そのものを罪悪にしてしまったら、
この世は生き地獄と化す。そしてまさしく、生き地獄にしてしまった。
人間を宗教の奴隷にしてしまった」とある。

日々の人生を特定の宗教に影響されていない一般の普通の日本人からすれば、
例えばキリスト教やイスラム教など、「神を信じる」人々の世界の事は
一般的にはとても分かりにくい。

我々一般の日本人は、いわば「性善説」に類する観念の世界に生きている。
「悪い事をしないのがふつう」で、悪い奴はつまみはじかれるまともな世界。

だから、欧米や中近東等の、宗教に支配された世界の人々の事が分かりにくい。

宗教の何たるかをテーマに話し合う機会のほぼない我々だが、
他国との関わりを持たなければならない人々なら、
多少は、彼らの宗教観などについてすこしは勉強しておく必要を感じる。

個人レベルでは、「あなたは神を信じますか」という趣旨の質問を
時々受けるのが現実だから。









nice!(0)  コメント(0) 

Can you get everything spoken here ? [blog]

https://outbackvisionprotocol.com/?aff_id=173810&subid=123GROW0712V

久しぶりに、英語らしい英語を聞いた。

でも、正直言って、私にはすべてを理解できない。

一つには、これはnatural speedなのかも知れないが
私には「早すぎる」。

もう一つの問題は、知らない単語が多すぎる。

でも、これは一般のアメリカ人には普通のスピードなのだろう。

NYの地下鉄の駅で、係員のお姉さんに質問した時に感じた
「私には、理解できない」ムードに襲われる。

多分、それは、毎日そんな話すスピードの世界に住んでいないからだろうと思う。

でも、毎日そんな環境を自分で作り、その環境の中で耳を慣らせば、
多分そのspeedの水準が、普通に聞き取れる様になるはず。

そういう意味では、やはり、環境になれるための努力が必要なのだろう。










nice!(0)  コメント(0) 

電飾の滝 (Illumination Fall) [blog]

https://youtu.be/s3q7Ds5lr9M

難波のNamba Parksの一番上に行けば、
そこから見えるのがこのilluminationによる滝。

普通の水の滝が、Water Fall だから、
電飾による滝なら、Illumination Fallかなと思う。

まあ水の滝の様に、いっぱい連続して勢いよく流れる事はないけど、
それなりに努力して流れる形になっている。










nice!(0)  コメント(0) 

中国産の食品は、食品に非ず! [世界は多様]

https://a.msn.com/ja-jp/news/opinion/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E3%82%82%E3%80%8C%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%AF%E5%B7%A5%E6%A5%AD%E7%94%A8%E3%81%A0%E3%80%8D%E3%81%A8%E7%B5%B6%E5%8F%A5%E3%80%82%E6%88%A6%E6%85%84%E3%81%AE%E3%80%8C%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%83%8A%E3%82%AE%E3%80%8D/ar-BBGkxD0?ocid=oa-cinqueter014#page=2

中国産の食い物は「食用」とは見なしていないので、
食べる事は絶対にない。

どれが安全なのか、仮に安全なものがあっても、
消費者は事実関係を判断できない。
確かな裏付けが取れないので、そういう結論になる。

食い物に猛毒を平気で使う、
それが悪名高い中国人だ。

自業自得だろう。

消費者の立場としては、
中国産と明記されているものを口にするのは
完全に「自己責任」。

毒などは気にしませんよという人を、止める事は出来ない。

でもそんな危険を知らない人が仮にいるとしたら、
そういう方には気付いて欲しいと思う。

中国人でさえ、中国製のものを全く信用していないという事を聞くが、
押して知るべきだろうと思う。

中国では、自分と自分の身内や仲間内の事は大事にするが
他人の事はどうでもいいらしい。

自分に利益があれば、他人に毒を持っても平然と出来る人種と言われるが
私は、それを「人種」とは呼ばない。 人種に属する資格がない。
















nice!(0)  コメント(0) 

電飾の装飾 (Namba Parks) 2017-Dec [blog]

https://youtu.be/VtGKWyRSYsU

Namba Parksの電飾の中で、
見応えのあるのはこの作品だろう。

毎年見ているが、デザインが同じなのか、
それとも変更されているのか、
注意して見比べていないのでよく分からない。

しかし、見る人に与えるそのイメージは類似だ。

こういうものを見ると、
飛行機の窓から見る夜の地球上の情景を連想させる。

日本上空では、街の明かりがついているので光り輝いている。

でも、例えばヨーロッパ方面に向かって飛ぶ時
北朝鮮方面やシベリア大陸の上空では、
明かりを見る事はない。

日本との対比で、その明るさの無さに驚かされる。



















タグ:電飾の世界
nice!(0)  コメント(0) 

戦争はまっぴらごめんだけど。。。 [blog]

http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e5%8c%97%e6%9c%9d%e9%ae%ae%e3%80%8c%e7%81%ab%e6%98%9f15%e3%80%8d%e6%89%93%e3%81%a1%e4%b8%8a%e3%81%92%e3%81%a7%e7%b1%b3%e6%9c%9d%e6%88%a6%e4%ba%89%e5%8b%83%e7%99%ba%e3%81%ae%e5%8f%af%e8%83%bd%e6%80%a799percent%e3%81%ab%ef%bc%9f/ar-BBGk7wr?ocid=oa-cinqueter014#page=2

戦争の勃発は、止めなければならないのに、
止められない可能性が大きいのも事実かも。

日本が太平洋戦争に不本意乍ら巻き込まれた構図と
どこか似ている気がする。

米国もICBMで直接攻撃される可能性があれば
最早誰が大統領でも、安閑としておれないだろうし、
金正恩も、今更引くに引けない状況だろう。

いつの世にも、世の中は理不尽な事が多過ぎる。

歴史上アメリカに一度潰された我が国日本。

スターリンの陰謀や策略も云々されているが
戦争をしないと言って大統領になった筈のルーズベルトが
戦争をしたいが為に日本を逃げ道のない所に追いやったのも事実。

「窮鼠猫を噛む」という事が無いように願うのは、無理な事なのか?

捨て身を覚悟すれば、神風特攻隊が実在したように、
何でもあり得る事を、とても危惧する。

戦争は何が何でも避けて欲しいのだが。。。。

















nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -